コラム 結婚間近だった彼の性格が、ガラリと変わってしまった理由~その2~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は不動産関連会社に結城直美さん(仮名・30歳)。交際5年になる同じ年の彼がコロナ禍中に豹変してしまったことに戸惑い、私達に恋愛相談をされにきました。直美さんは、彼の両親からとても愛されていて、彼の両親から「息子と結婚してください」とプレッシャーをかけられています。

【調査までの経緯は前編で】

彼は、いくつもの会社を経営していることもあり、詳しい行動がわかりません。自宅前で張り込みをし、なんと30時間後にやっと彼の姿をキャッチ。深夜2時Ⅱ帰ってきて、足元はかなりフラフラしていました。

その6時間後に、今度は自宅から出てきた彼の尾行を始めます。

彼はタクシーで両親が経営する会社に行き、15時に出てきました。それから新宿方面に移動し、駅から10分ほど歩いたところにあるビルに入っていきました。

彼が降りたフロアの会社名を検索すると、企画やPRの会社でした。代表者を見ると、彼の大学の同級生のようです。

このビルは、人通りが多いところにあり、張り込みがしやすい場所。年季が入っているビルなので、外から内部の様子がよくわかります。女性が2~3人働いているようです。

夜7時に彼は出てきて、今度は真っ暗な雑居ビルに入っていきました。彼が降りたフロアに行くと、真っ暗です。ただ、ある扉からは光がもれています。外からはただの事務所のように見えますが、中は人がたくさんいるのでしょう、音楽や話し声が聞こえてきます。

それから2時間、彼は女性と2人でもつれあうように出てきました。夜も営業している喫茶店に入り、2人はコーヒーを飲み始めます。

女性は27歳くらい。マスクをはずしたところを見ると、かなりの美人でスタイルも抜群。

どうも彼女のほうが積極的なようで、甘い声で「ねえ、ユウくん(彼)、これから私の家に遊びに来てヨ~」と、かなりベタベタに甘えています。

彼もまんざらではないようで、「そうだなあ」などと応じているのです。

甘い声の彼女がほとんど話しています。話を聞いていると、彼のことをめちゃくちゃほめているのです。顔がいい、仕事ができる、優しい、私の王子様……男性が言われたらうれしいであろう言葉のシャワーを浴びて、彼はうっとりしています。

女性が話す言葉は7割が少々甘ったるいのですが、3割くらいはビジネスの核心を突く内容が盛り込まれており、会話で彼女の名前がわかって検索すると、あるリース会社の副社長として名前が出てきました。彼女はとても偏差値が高い大学を出ており、海外でもビジネスの展開をしています。

外から見ていると、彼女の方が立場が下のようですが、ホントのところは彼が彼女のことを頼りにしているのではないかと推測しました。

彼は「ひたすら虚しい」と告白するが……

1 2