コラム 【浮気事件簿】元教師の夫、単身赴任で浮気三昧!? 希少種・肉食男子の生態に迫る~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

「ストーカー並に私に結婚を申し込んだ夫に、浮気相手がいるらしい。絶対に許せません」という、札幌のカフェ店員・山岡明菜さん(35歳・仮名)の事件簿、その続編です。

10歳年上、元教師の旦那様は明菜さんと結婚するときに、“絶対に浮気をしない”と誓約。しかし、半年前から東京勤務になり単身赴任生活になってから、Hの仕方が変わるなど様子がおかしくなったことに気がついたそう。

それを裏付けるかのように、明菜さんの友人が旦那様と見知らぬ女性とのディープキスを羽田空港で目撃。北海道に住む明菜さんとスカイプで打ち合わせをして、調査を開始することにしました。

依頼者である明菜さんは、ある程度離婚の意思を固めており、「浮気の事実が離婚の際優位になるのであれば、お金に糸目は付けない」と言われました。しかし、なるべくコストを抑え、よい証拠を押さえるのが私たちの腕の見せどころです。

今回の場合、明菜さんは旦那様の仕事についてほとんど知りませんでした。だからといって、ずっと張り込みをしていても労が多く益が薄いだけ。調査のポイントとなるのは、友人の目撃談で、「相手の女性の左手薬指には指輪が光っており、どうも既婚者らしい」とのことなので、平日に絞って調査を行ないました。

▶▶▶主婦の浮気の行動パターンを追え!

1 2 3