【浮気事件簿】公務員で“マスオさん”の堅実夫が、連日深夜帰宅の怪~その1~

【浮気事件簿】公務員で“マスオさん”の堅実夫が、連日深夜帰宅の怪~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

ひと言で「浮気」と片付けられてしまいますが、その内容は十人十色。パートナーがいる彼ら、彼女たちはどんなきっかけで、どんな相手と出会い、浮気の泥沼に足を踏み入れたかの詳細は語られないものです。そこで、男と女の浮気について、その裏の裏まで知っているエキスパート、美人探偵・山村佳子がその事件簿から詳しく解説します! 

男性の浮気の兆候について、バレた後の関係、探偵は浮気調査で何を調べるのかまでご紹介。これらの体験談はパートナーとの関係を有利にするためにも、役に立つはず!

今回登場するのは、都内の輸入商社で契約社員をしている塩田奈緒さん(仮名・37歳)。旦那様は2歳年上の39歳で、結婚7年になります。旦那様は早稲田大学卒業後、都庁に勤務しているエリートです。奈緒さんとのスナップ写真を拝見する限り、顔の雰囲気は『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんに似ていて、身長も175㎝程度。パッと見普通ですが、どちらかというとカッコいい部類に入ります。

奈緒さん夫婦は、老舗の結婚サービス会社のマッチングで出会ったそうです。29歳からなぜか結婚に猛烈に焦っていたこともあり、20万円を払って婚活会社に入会。3人ほどお見合いしたものの、合う男性がおらず、退会を検討。しかし、4人目である現・旦那様が待ち合わせ場所にやって来た瞬間に、“この人だ!”と思ったそう。

その後、気弱な旦那様を一方的にリード。デートや旅行に誘い、彼の調布の家に行き手料理(ヴィシソワーズと鶏のレモンクリームパスタ)をふるまい、奈緒さんの30歳の誕生日にプロポーズさせたそうです。

彼はモテそうなのに実は女性経験がほとんどなく、肉感的な奈緒さんの魅力に溺れてしまったことも、結婚の決め手になったと言います。仕事もお堅い公務員で、結婚当時32歳にして1000万円も貯金していたとか。趣味もなく仕事一筋。男子校育ちで女性と会話をすることも苦手という、文字通り“妻一筋”の旦那様。その誠実さを見込んで、奈緒さんの両親(資産家)は、実家の敷地の一部の土地を贈与。それのみならず、家を建ててくれたそうです。まさに逆玉!“マスオさん”の典型ともいえる旦那様に、なぜ浮気疑惑がかかったのでしょうか。

▶▶▶ある日突然、連日深夜帰りになった夫になにが?

 

1 2 3
iPhone 派遣 婚活 仕事 恋愛 占い 浮気事件簿 派遣女子 結婚 アラフォー アラサー 恋愛講座 アプリ 貧困女子 CITRUS レシピ 時短 美人探偵 金運 ダイエット
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!