コラム アラサーでできた初彼!交通系ICカードの履歴を出来心で見てしまった【浮気事件簿・前編】

幸せな日々が続いていたけれど、変化が生じてきたのは、彼が業務で1か月間、大阪勤務になったこと。

「これを機に、同居をしようかなと、部屋に行っては一緒にいろいろ片付けていたんです。彼の家は割とカオスな状態で、捨ててはいけない大切なものは、とりあえずわかるように私のバッグに入れといて、片づけと掃除をしました」

半日の片付けでくたくたに疲れ、昼寝をしてしまった彼と聡美さん。夕方に目を覚ました聡美さんは夜から約束があったために、バッグをそのまま持って出てしまったと言います。

「途中でなんだか重いな……と思ったら、彼のパスケースと財布を入れたままだったんです。彼にLINEをしても寝ているらしくて既読にならなくて。用事が終わってスマホを見たら、彼から“明日でいいよ”と連絡が入っていたんです。それで何の気なしに、駅で彼の交通系ICカードの履歴を見てしまったんです」

営業職の彼は、かなり不規則な生活をしており、様々なところに出かけています。彼はクルマよりも電車移動を好むところがあったので「どんな場所に営業に行っているんだろう」という、ちょっとした好奇心からだったそうです。

「彼は千葉方面のお客様の工場に行くことが多いので、茨城や千葉が多いのかと思っていたら、まさかの川崎市内にある駅ばかりだったんです。やたらとその駅に行っていて……。その駅周辺を調べても特に思い当たる場所はないし、都心からのアクセスも悪いところなのですが。私と会わない日は、たいがいその駅に行っていることがわかったんです」

さらに財布の中を見ると、誕生日カードが入っていたといいます。その写真を見せていただくと、ハートマークがちりばめられ、彼の名前が書かれていました。

「財布とパスケースは、翌朝会社でふつうに返しました。その翌日から彼は大阪へ。距離が離れると冷静になるというか……どう思いますか? 私は絶対に誰かいるんじゃないかと思うんです。彼は離婚歴があって、最初の奥さんとの間に子供がいます。奥さんはもう再婚しているそうです。“ずっと彼女はいない”と言っていますが、こんなものを見てしまうと、絶対にいると思ってしまって。それに、交際に浮かれて見て見ぬふりをしていたことが、今になっていろいろ思い出されてきてしまいました」

連絡がつかない時間帯があったり、理由もなく避けられている気がするときがあったりなど、多岐にわたるそう。

「これから結婚を考えているからこそ、白黒はっきりつけておきたい。それなりにモテている彼が、私なんかと交際しているのも不思議だなと思っていました。もし彼に裏の顔があるならそれも知りたいのです」

ICカードの交通移動履歴から、思わぬことが明らかになることが多々ある。

※本連載はプライバシー保護のため、一部内容を変えています。

【東京駅に着いた彼は、まっすぐ川崎へと向かった 後編に続きます】

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/