コラム ワイン会で出会った年収1000万円超の彼に、自己肯定感低め女子が抱いた疑惑【浮気事件簿・前編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、島村園美さん(仮名・31歳)です。中堅商社に新卒時から勤務している堅実な女性です。とても細かい性格で、カウンセリングルームには詳細なメモを持っていらっしゃいました。

会社帰りにいらっしゃったのですが、白のシャツに黒のパンツ、爪はかなり短く切りそろえられており、隙がない感じがします。相談は交際3か月の彼についてでした。

「彼はとてもイケメンで、私なんかにはもったいない人なのです。なぜ、私なんかのことが好きになったのか、何度聞いても“人柄だよ”と言うばかりで、よくわからない……。私なんかのことを、すごく大切にしてくれて、全く意味が解らないのです」

園美さんはしきりに「私なんか」を連発しています。園美さんはとても魅力的な方で、笑顔がチャーミングで私に対しても誠意をもって接してくださっているのがわかります。

私がやや疑問に思っている雰囲気をお察しになったのか「あ、“私なんか”と連発してごめんなさい」と語っていました。

「彼と一緒にいると、“なぜ私みたいな一般人が?”っていつも思ってしまうので、自己肯定感が低めになってしまうのです。彼は外資系の銀行に勤務しており、かなり年収が高いようで、同じ年ですが1000万円を超えていると思います。そして容姿も端麗なんです。2.5次元舞台のミュージカル俳優さんのように、すらりと背が高く、顔立ちが整っていて。ファッションセンスも抜群で、今までの彼たちとは雰囲気が全然違うのです」

園美さんが今までに交際したのは2人。いずれも名門大学の同級生とのこと。

「元カレはみんないい人でしたけど、今の彼と比べるともっさり系というか。でも、自分とは容姿が釣り合うから安心できたんです。クマっぽい可愛さがあって一緒にいると安らげました。元カレも私もお互いにぽっちゃりしていたので、2人でお好み焼きを作って食べたりして、心から安らげる関係にはなれました。今の彼は雰囲気がモデルみたいですし、超高収入でもあります。そんな彼がなぜ私を選んだのか、それが不思議でたまらないのです」

彼との出会いについて伺ってみました。

「彼とは3か月前に、ワイン会で出会いました。参加費が7万円と超高額で、かなり限られた人向けの会なのですが、私の高校時代の同級生(美容皮膚科医)が発熱で参加できなくなり、彼女のオゴりでピンチヒッターとして参加しました」

その会は、医師、会社経営者が集まる会で、心の底からワインが好きな人が集まり、有名なソムリエが解説してくれたのだとか。

「そこで彼と出会い、ワインの趣味が合うと猛アタックされたんです。もちろん彼のことは好きなのですが、容姿が釣り合わなさすぎて……。だから調べてほしいのです」

深い容姿コンプレックスによる恋人不信

1 2