コラム 金目当てアラサー女子と跡取り狙いの資産家、20歳差の欲望婚の行方【浮気事件簿・後編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は外資系の投資会社に勤務する佐藤多恵子さん(仮名・27歳)。「金のためなら何でもします」と言い切る女性です。友人に紹介された20歳年上の資産家男性との「結婚お試し期間」中に、別の女性の気配を察知。「浮気相手に子供ができたら立場が危ない」と、私たちに調査を依頼されました。

【これまでの経緯は前編で】

多恵子さんは現在、朝7時に出勤し、17時に帰宅する生活をしています。彼はオーナー稼業なので、自宅で事務仕事をすることが多いとか。

敷地内の別棟に住み込みの家政婦さんがいて、食事の支度や、家事全般をしているけれど、その女性はかなりの高齢。彼への忠誠心があり、彼のすることに逆らったり、秘密を漏らすことは絶対にないそうです。

つまり、彼が自宅に女性を呼ぼうと思えば、呼び放題だということ。これは、多恵子さんが仕事に行っている間に、何かある……と思い、下町エリアにある豪邸の表門と裏門に探偵を配置。平日の朝から張り込みをすることにしました。

初日は全く動きがなく、調査終了。

2日目は、朝9時から近くのゴルフ練習場へ。15分ほど練習をしていると、20代後半と思しき、見た目の超派手な女性がやってきました。明らかに顔は美容整形をしており、体が不自然に細く、バストが不自然に大きい。

この女性は声が甲高く、「すごい! 楽しい!」を連発して、彼に過剰なボディタッチ。明らかに周囲から浮いていました。

彼は多恵子さんに「もっとかわいい服を着てほしい。お金はいくらかかっても構わない」と言っていたそうですが、もともとふっくら体形で小柄の多恵子さんに、彼女のような服は似合いません。おそらく、彼のドンピシャの好みが、この女性なんだろうな……と思いながら見ていました。

彼女はゴルフの腕前はなかなかのもので、かなり遠くまで飛ばしていました。

その後、2人はクルマで近くのラブホテルへ入り、90分で出てきます。女性のマンションに送って解散。その後は自宅に戻り、夜まで出てきませんでした。

さらに夜は、タクシーで都内屈指の繁華街へ。キャバクラに入って行き、12時にタクシーで帰宅。

翌日は昼に家から出てきて、電車で都内の繁華街へ。あるビジネスホテルで性産業の女性とデートをしていたのです。その夜は、再びキャバクラへ。

彼女の健康な体と明晰な頭脳を持った子供が欲しいと言われた 

1 2