コラム 5人連続で隠れ既婚者……妻子持ちに狙われる女子、6度目の正直なるか【浮気事件簿・後編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は結城千秋さん(仮名・32歳)。大手金融関連会社に一般職として勤務しています。今回、私たちの事務所に依頼するのは4回目。千秋さんは既婚者限定で激烈にモテる。独身だと成りすました既婚男性と立て続けに恋愛してしまい、3人目、4人目、5人目に続き、6人目の男性の調査を私たちに依頼。

【これまでの経緯は前編で】

ひとまず、「朝リズトレ(リズムトレーニング)の会」から調査を開始。週1~2回行われているのかと思いきや、ほぼ毎日行われており、成功する方がいかにルーティンを大切にするのかが、わかりました。

8時15分ごろにスタジオから出てきた彼と千秋さんを追います。彼はすらりと背が高く、スポーツウエアにマスク姿でも十分カッコいい。10万円以上しそうなサングラスに、200万円以上する時計をつけていて、実家暮らしをしているとは思えません。

2人は都心の駅で別れてそれぞれの職場へ。彼はそのままの格好でオフィスビルに入っていきました。

いわゆる「トップ」とか「幹部候補」などと言われている人の浮気調査をしていると、多くの人がテレワークではなく出勤したり、または別のワークスペースでミーティングなどをしていることが多いです。

彼は17時にビルから出てくると、駅に向かって歩いていきます。そこで待っていたのは千秋さん。いつも清楚で優しい雰囲気ですが、彼といると内面から輝くような可愛らしさがあります。

ちなみに、依頼者には尾行の日程は明らかにしません。様子がおかしいと対象者(この場合は彼)に気付かれてしまうからです。

2人は、夜景が美しいと評判の都心のホテルへ。お店で飲食ができないので、部屋をとってルームサービスでデートをするケースが増えています。
2人は23時くらいに出てきました。

地下鉄の駅の通路の中でも、他人から見えにくいところに立ち、10分ほど名残惜しそうに手をつないだり、抱き寄せたり長い立ち話をしていました。

彼は相当千秋さんのことを好きな様子です。そして改札で別れて彼は地下鉄方面へ。千秋さんはJRに向かいます。私と千秋さんはすれ違いましたが、こちらは変装をしているので全く気付かれませんでした。

彼が向かったのは実家がある大田区ではなかった

1 2