コラム 幼なじみの子犬系年下彼が突然結婚を先延ばしに……職場で何が?【浮気事件簿・後編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は保育士・矢島杏奈さん(仮名・30歳)。調査対象は婚約している1歳下の彼(医師)です。入籍を先延ばしにされていて、異変を察知。杏奈さんと彼は両親同士が仲がいい。別れることで親の友情に亀裂が入ることを心配されて、私たちに依頼をしてくださったのです。

【これまでの経緯は前編で】

彼は自分の親が経営する複数の病院で働いています。どの病院に出勤するかを事前に彼女に調べてもらい、朝から彼の自宅マンション前で張り込みを開始しました。

朝9時に出てきた彼を確認。スラっとしていて肌がきれいな優しそうな男性です。モラハラ被害に遭いやすかった杏奈さんが「一緒にいると安心できて落ち着く」という気持ちがとてもわかります。大人の男性なのですが、小型犬のような愛らしい雰囲気があります。

通勤はクルマで行っていると聞き、私たちは探偵カーで待機。彼のクルマは軽のワゴンでした。お医者さんというと、高級車のイメージがありましたが、彼は選ぶ車もキュートです。

クルマはゆっくりと出発し、最初の曲がり角を曲がったところでとまりました。これには私たちもびっくり。彼のクルマを追い越し、それよりも200メートル先に停車して様子を待ちます。

すると、華奢で髪の長い女性が助手席に乗り込んできたのです。まさかこんなに早く浮気現場を押さえてしまうとは思いませんでした。おそらく彼女は彼の家で過ごしていたのでしょう。依頼者の杏奈さんも合鍵を持っているのに、かなり大胆不敵とも言えます。

ただ、一緒には車に乗らず、周囲の目を気にしているのが、いかにも浮気。

2人を乗せた車は、彼が勤務する病院方面に向かいます。病院がある駅まで来ましたが、その反対側の口で彼女を降ろし、彼女はそこから駅を通って勤務先に入ります。

彼はクルマの中で10分程度ボーッとしてから、出勤。

退勤は彼女のほうが早く17時でした。彼女を追うと病院がある駅から40分程度離れた場所にある二世帯住宅の中に入っていきます。玄関先には子供用の三輪車が置いてあり、彼女は既婚者のようでした。

荷物を置き、ジャージに着替えてママチャリに乗って近所の保育園にお迎え。5歳くらいの女の子を後ろに乗せて、スーパーに寄って帰宅。その会話から察すると、女性は仕事があると実母に娘を預け、お泊りデートをした模様です。女性の腕をチラッと見たときに、指の跡もくっきりとしている青あざがあって、ゾクッとしました。

浮気相手の存在を報告すると、調査の続行を依頼される

1 2