コラム バツイチ彼の娘と仲良くなれたのに…二人を置いて彼が向かった先には!?【浮気事件簿・前編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

年収5000万円超の彼は、一人娘を育てるシングルファザー

今回の依頼者は大沼麻衣子さん(仮名・30歳)です。外資系の金融関連会社に勤務しているエリート女子で、港区内のタワーマンションで一人暮らしをしています。

明るめにブリーチした髪色で、目はパッチリとしたアーモンドアイ。柔らかく明るいキュートな雰囲気の、年収1000万円以上のキャリア女性です。

猛勉強して上京し、東京の大学に進学した苦労人であることにプライドを持っており、「こんなに勉強したんです」と右手中指の盛り上がるほどのペンだこを見せてくれました。

現在は、45歳の超イケメン上司と交際しているのですが、最近彼の様子がおかしいと私に相談してくださったのです。

「彼は2年前にうちの会社に転職してきたんです。もともとはグローバルな食品関連会社の役員というエリート。めちゃくちゃイケメンというのも、彼のおじいさんはヨーロッパの方だからもしれません。彼は背が高くて整った顔立ちをしている。年収もたぶん5000万円は超えているんじゃないでしょうか。人脈もかなり広く、とにかくモテるんです」

麻衣子さんの会社は、基本的にリモートワークということになっていましたが、実際は出社していたそう。

「リモートではできない仕事をしていましたので。でも、ホントに忙しい人しか来ていませんでしたね。そのおかげで今の彼と仲良くなったんです。同じ映画が好きだったり、気が合うところがあって、一年半くらい前に、向こうから交際を申し込んできたのです」

彼はいわゆる「スーパーダーリン」。大人の女性向け恋愛マンガに登場する、理想の上司そのものなのだそうです。

「ただ、彼は3年前に奥さんと死別して、ひとりで10歳の一人娘を育てていたんです。その当時、彼を狙っていた女性達がなぜか身を引くのを感じていたんですが、私はそのことに気づいていませんでした」

交際して最初のデートに、彼は娘を連れてきたそう。麻衣子さんは驚いたものの、特に娘を特別扱いにはせず、彼にも気を使うことなく、自然体で過ごしたと言います。

「娘さんは友達としても魅力的な女性なんですよ。美しくてとても頭のいい女の子で。ママが亡くなって、パパは忙しくて不在がちなのに頑張っていますしね。そんなところをリスペクトしていたら、彼女も私に懐いてくれたんです。彼の家にはシッターさんもおり、生活に不自由はないとのことですが、やはり家族との関係性とは違いますものね。彼女は私と一緒にいたいと言ってくれました。そして彼も私に“僕と結婚してくれないか”とプロポーズしてきたんです」

都合よく「母親代わり」にはされたくないと思っていたら…

1 2