コラム バツイチ彼の娘と仲良くなれたのに…二人を置いて彼が向かった先には!?【浮気事件簿・後編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は大沼麻衣子さん(仮名・30歳)です。外資系の金融関連会社に勤務しているエリート女性。交際しているのは、上司でもある彼(45歳)。3年前に妻と死別し、10歳の娘を一人で育てるシングルファザーです。麻衣子さんが事実上シッターをしているのですが、ある日彼の娘のiPadを見て、彼のプライベートメールを見つけてしまい、浮気を疑います。

【これまでの経緯は前編で】

「におわせ写真」を撮影する英語堪能な黒髪女性

麻衣子さんは、娘のiPadを見たときに、彼のプライベートメールがログイン状態になっており、そこに熱海の高級旅館の予約メールが来ていたことから浮気を疑います。

彼が予約した宿泊施設はセキュリティが強固で探偵泣かせ。不倫カップルが多く、私たちも張り込みには慣れています。しかし、決定的な瞬間(言い逃れができない親密な証拠)を撮りにくいのです。

そのことを麻衣子さんに伝えると「別に裁判をするわけではないので、誰と行ったかがわかればいいです。私に娘を預けて、自分は楽しんでいることが許せないので」とおっしゃいました。

そこで、張り込みを開始。ペアの探偵は探偵カーで一足先に熱海に向かっており、私単独での追跡です。

朝8時に出てきた彼は、すらりと背が高く、スマートカジュアルが決まっている男性。マスクをしていても涼し気な目元が印象的です。

登校中の小学生でにぎわう街中を、彼は美しいフォームで歩いていきます。近所の犬連れの顔見知りの奥様と会釈して、駅へ向かいます。

ホームに行くのかと思っていたら、駅前のコーヒースタンドでひとりで過ごしていました。仕事をしているようで、画面の盗み見予防のフィルターをかけてからPCを立ち上げて、1時間ほど作業。

すると、驚くほどスタイルがよく、花柄のボディコンワンピースを着て、トートバッグを持った女性がやってきました。つやつやの黒髪で、美容にお金をかけていそうな雰囲気です。バストがとても大きく、ウエストが細いのに目が行きます。

彼と女性は仲がよさそうですが、さすがに自宅近辺なので特に疑わしい行動はせず、近くでタクシーを拾って品川駅へ向かいました。

ガラガラで貸し切り状態の新幹線のグリーン車に乗ります。漏れ聞こえてきた話では、女性は中国系のアメリカ人女性で、彼とは元の会社の上司と部下の関係だった様子。

基本的に日本語で会話をしていましたが、時々英語が混じります。女性は「私はあなたの娘に嫌われているから」というようなことをジョーク交じりで話していました。

女性は見た目が美しいワンプレートおつまみを出し、小瓶のシャンパンを開けて乾杯。

おつまみと、小瓶、そして彼にわざと腕時計が映り込むようにポージングさせて、映える写真を数カット撮影しました。いわゆる「におわせ写真」というやつでしょうか。通りすがりに彼女のスマホの画面を拝見し、アカウント名を特定してアクセスすると、鍵付きでした。

車両に人がいないことを確認した後に…

1 2