コラム 彼女の元カレが気になりすぎたアラサーエリート男性の嫉妬の結末【浮気事件簿・前編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

***

彼女が過去に交際した人がたった1人とは思えない

今回の依頼者は男性です。谷中優斗さん(仮名・30歳)は、ある官公庁に勤務している超真面目な男性です。

生まれてからずっと都内の実家で暮らしており、両親ともに公務員。ご本人はきちっとした性格で、曲がったことが大嫌い。趣味は囲碁と将棋。あとは、家電の修理だそうです。

「散歩をすることや、ルーティンをこなすこと、犬の世話も好きです。決まった時間に同じことをするのが好きなんです」

国家資格の取得も趣味で、難関資格も含めて、20以上も持っているそうです。

「去年、宅建に受かりました。社労士も持っています。でも公務員だから副業ができないんですよね」

そうさわやかな笑顔で言います。優斗さんと話していると、ご両親から愛されて育った人ならではの安定感と優しさ、心の穏やかさみたいなものを感じるのです。

「実は、結婚を考えている女性を調べていただきたいのです。彼女と僕は、真面目な婚活アプリで知り合い、2年間交際しています。僕は彼女を親に紹介していますが、彼女の親にはまだ紹介してもらっていません。今後結婚を考えるに当たって、ずっと気になっていることがありまして…」

気になっていることとは、彼女の過去の交際歴が嘘っぽいこと。

「付き合った人は過去に一人しかいないと言うのです。それも高校2年生から大学2年生の4年間だけだといいます。彼女はとても魅力的なので、さすがに少なすぎるのではないだろうかと思うのです」

恋人やパートナーが過去に交際してきた人を気にする人は多く、かつての恋愛についての依頼も増えています。

「やはり、元カレに負けたくないというのはあります。それに、僕自身が彼女としか付き合ったことがないからこそ、比べられたくない。それに早く結婚したいのに、彼女にのらりくらりとかわされているのも気になるのです」

浮気をしなさそうな人だから、彼女を選んだ

1 2