コラム 彼女の元カレが気になりすぎたアラサーエリート男性の嫉妬の結末【浮気事件簿・後編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

***

今回の依頼者は男性です。谷中優斗さん(仮名・30歳)は、ある官公庁に勤務している超真面目な男性です。12歳のときに大好きだった叔母さんが浮気をしたことにより大きなショックを受け、「浮気しそうな女性」を徹底的に避けています。2年前にマッチングアプリで出会い、交際中の「浮気しなさそうな彼女」が、とはいえやはり浮気していないか気になってしまい、私たちに調査を依頼されました。

【これまでの経緯は前編で】

彼女はおとなしくて地味な女性

優斗さんから、彼女の写真や情報をもらってざっと読みました。優斗さんは「浮気しなさそうな女性」と思って交際を申し込んだようですが、探偵の目から見ると…、浮気しそうな女性にしか見えませんでした。

まず、黙っていてもモテる容貌なのです。大人しくて地味、肉感的であり小柄、ピンクのワンピースを好み、髪にリボンをつけています。控えめに見える性格と、ラブリーさを演出する服の組み合わせは、男性にモテます。

また、とても若々しいのです。優斗さんより3歳年上の33歳とは思えないくらい可憐な女性でした。

ひとまず、勤務先から調査を開始。大手企業のグループ会社で事務職をしているとのことで、夕方まで会社から出てきませんでした。

17時30分に出てきたところを追うと、1日目はどこにもよらず、都心から1時間程度のマンションに帰りました。ここは彼女の持ち家で、エントランスはオートロックなのに外廊下という構造のため、彼女の部屋はすぐに特定することができました。

深夜12時くらいになると、すらりと背が高いバンドマン風の男性が、彼女の部屋に鍵を使って入っていきました。そして、その日はそのまま出てきませんでした。

翌朝は、7時に彼女だけが出てきて出勤。前日よりも1時間早い16時30分に会社を出ると、山手線に乗り目黒駅で下車。駅前のカフェでお茶をして、誰かを待っている様子です。その間に、40歳くらいのスーツ姿の男性にナンパされていました。

それから30分ほどすると、優斗さんによく似た、すらりとしたスーツ姿の男性がやってきます。2~3回目のデート程度のぎこちなさで、あいさつもそこそこに一緒に歩き始めます。

2人は駅からかなり歩いて家具店を物色。会話を聞くと、男性は超大手のIT関連企業の社員で、京都から引っ越してくる予定だとのこと。彼女と付き合う気まんまんで、彼女好みのインテリアグッズにしたいと、家具店回りを同行してもらっていたようなのです。

男性と彼女はどこに行ったのか

1 2