コラム 同棲3年、借金完済したら結婚予定の彼に忍び寄るアイドル風女性【浮気事件簿・前編】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

***

今回の依頼者は、水田結花さん(仮名・29歳)。公立中学校の教師をして7年目だといます。すらっと背が高くかなり痩せており筋肉質で、清潔感があり、きれいなタイプの女性です。

相談というのは、同棲3年になる5歳年上の地方公務員(消防士)の彼のことです。

借金問題で父が結婚に反対し同棲3年、子供が欲しいけれどまだ…

「私と彼は登山が好きで、SNSの登山のサークルで知り合いました。彼はアウトドアがホントに得意で、焚火やテントはり、料理も薪割もお手の物。そのたくましさに惹かれてしまったんです」

結花さんと彼は、出会った当初から、恋に落ちて結婚を意識するようになります。彼からプロポーズされて、新居を借りて入籍するとなった時に、彼に多額の借金があることが判明。

「うちの父親が、“結花は人の手本になる学校の先生なのだから、問題がありそうな人と結婚させるわけにはいかない”と調べたそうなんです。父が意識したのは、ギャンブル癖、女性好き、借金があるかどうかの3点でした」

彼の借金はなんと400万円。そのうち200万円は実家に援助したもので、残りの200万円は、キャンプ道具やクルマを所得以上に買ってしまった事。結花さんのお父さんは「借金を清算するまでは結婚を許さない」と言い切り、同棲したまま結婚待機状態に入りました。

「最初は優しかったのですが、私と一緒にいると、父の顔がかぶるんでしょうね。いつの間にか“お前が結婚したいって言ってきたくせに、父親が反対するってどういうことだよ”と時々言うようになったんです。彼は子供が欲しいので私と結婚して子供を作りたい。それなのに、私の父が反対している…。私は彼も好きですが、父ももちろん大切で、やはり結婚するならみんなに祝福されたいんです」

その心労で10キロもやせてしまったのだそうです。

「彼はときどき文句を言いながらも、着実に借金の返済は続けていて、とうとうあと1年くらいで完済できるところまできたのですが…そこで異変があったのです」

彼は消防士で、所属は自治体の職員。職住近接を重視して異動は行われるので、自宅から電車で40分程度・車なら15分程度の消防署勤務になったそう。

「そこの上司が最悪の人らしく、これまでにないストレスがあったようで、私に当たり散らすようになったんです。話し合ってもダメで、モノに当たったり、モラハラ発言を繰り返すようになってしまいました。私は“八つ当たりされるのは辛い”と言って、彼がソロキャンプをすると発散できるというので、非番の日は気持ちよく彼を送り出すようになったのです」

モラハラ気味だったのに、優しくなった

1 2