コラム 30歳シンママが婚約した貯金数千万円の真面目男性が、お金の楽しい使い方に目覚め…【浮気事件簿・前編】

横浜の探偵・山村佳子が調査した男と女の浮気事情。そこからわかる恋愛の表と裏を読み解いていく連載です。

***

今回の相談者は杏奈さん(仮名・30歳)です。現在、都内の実家に5歳の息子と住んでいるシングルマザーです。仕事は派遣社員をしています。

不倫の結果、生まれた息子

「まず、息子の父親の話をすると、私は短大を出てすぐに、大手電子機器会社の子会社に一般職で勤務しました。そのときに、上司(当時35歳)と男女の関係になり、私も若かったので流されるまま付き合っていたんです。でも、上司には妻子がいました。奥さんにバレたあたりで妊娠が判明。上司はそれまで“妻とは冷え切った関係で、いつか杏奈と結婚する”とか言っていたのですが、実際に子供ができると“諦めてほしい”の一点張りでした」

不倫の「あるある」パターンです。社会に出て間もない女性を、社会人として脂が乗っている男性がアプローチ。女性はよくわからないまま、つい彼らの言いなりになってしまう…。多くの場合、途中で気が付いて別れたりするのですが、杏奈さんは「私はぼんやりしているからでしょうか、そのまま突っ走ってしまいました」と言います。

「結局、上司とは音信不通になり、なぜか会社も辞めさせられてしまいました。上司の奥さんからは“かわいそうだけれど、慰謝料を請求しないだけありがたいと思ってね”と言われ、それっきりです。親に言ったら“婿は要らないけど、孫は欲しかった。助けるから産みなさい”と言ってくれたんです。その上司がとてもいい大学を出ていてイケメンで、しかもスポーツマンだったことを知って“産みなさい”と言ったんだ、と後で知りましたけど」

そして、25歳の時に男の子を出産。

「めっちゃ可愛くて頭が良くて、超いい子なんです。うちの実家はそんなに裕福ではないから、すぐに私が働きに出ました。その後の数年間は、慣れない育児に追われてんやわんや。加えて、母が骨折したり、父にガンが見つかったりとホントに大変だったんです」

シングルマザーはモテる!? 杏奈さんの恋愛問題も前途多難だった

1 2