コラム 入社時に一度だけ…片思い8年の同期、メガネ美人が抱える片思いの行方【浮気事件簿・前編】

「いつか、私を選んでくれるのではないか」

私が「いったい、彼の何を調べればいいのでしょうか」と優里さんの話が一区切りついたところで言うと、「最近、彼が結婚するという噂が立ったのです」と落ち込んだ様子で話し始めました。

「一応、私と彼は仲がいい同期という関係なのですが、そんなプライベートなことは踏み込んで聞けません。1回男女の関係になってしまうと、恋愛の話が照れくさくて聞けないんですよね。だから、彼が結婚するかどうか、彼女がいるかどうかを探偵さんに調べてほしいんです」

探偵の調査には費用がかかります。共通の知人に聞いたり、ご自身でそれとなく聞くことは、優里さんには朝飯前のようにも思いました。

「いやいやいやいや!! 絶対にムリです。あと、不確かな情報はいらないというか…私、ぶっちゃけ、彼が最終的に私を選んでくれるんじゃないかと思っているんです。ホントは好きだけど、お互いに言い出せなかった…みたいなことってあるじゃないですか」

しかもこの8年間、この男性に特定の恋人がいた気配もないそうです。

「モテてはいますが、真面目なので女性と関係を深められない可能性が高い。これは私のケースですが、深い関係になった後に、相手に対してツンツンしてしまうんです。そしてそのまま終わってしまったような気がします。私はそれ以来、全く恋愛しておらず、恋活をしようと思うたびに、“同期が付き合おうと言ってくれるかもしれないし”と思って、本腰を入れないまま、今に至ってしまったんです。だから、同期に別の恋人がいるなら、あきらめて、いないなら告白しようと思うんです」

加えて「恋愛でも失敗はしたくありません。だから、周辺情報の裏取りをしてから、進めたい」とおっしゃっていました。

同期の男性は自分から誘って、恋愛関係になった。

※本連載はプライバシーを配慮し、一部内容を変えています。

彼は家が好きな様子で、すぐに自宅に帰ってしまう…。【後編】に続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/