コラム 「上京して彼が変わってしまった」幼なじみの婚約者が突然冷淡に…【浮気事件簿・前編】

横浜の探偵・山村佳子が調査した男と女の浮気事情。そこからわかる恋愛の表と裏を読み解いていく連載です。

***

結婚するから東京に出てきたのに

今回の依頼者は、現在休職中の雅美さん(仮名・32歳)。2か月前に東京に出て来たばかりだといいます。それまで勤務していた地元企業を辞め、住み慣れた土地を離れて、なぜ上京したのでしょうか。

「結婚するからです。相手は幼なじみで、3歳くらいの頃から結婚しようと言っていました。10年前に入籍しようとしたのですが、彼のおじいさんが亡くなって、一度延期しました。1年待っているうちに、今度は私の祖母が亡くなったんです」

その後、タイミングが悪いことが重なり、30歳で入籍しようとしたらコロナ禍に突入したそう。

「地元は結婚式をしっかり行う土地柄で、コロナ禍が明けるのを待っていたら、永遠に結婚できなくなってしまう…。そこで彼が転職をして東京の会社に勤務することになったので、私も一緒についてきました。駆け落ち同然とも言えます」

彼は先に上京し、新しい会社での仕事が始まっていたそう。

「1週間ぶりに会った彼は、私のことを宇宙人を見るような、何とも言えない目で見たんです。表情や反応も固くて、地元にいるときよりもそっけなくて。テレワークをしているときに私が同じ部屋にいると、舌打ちまでするなど、明らかに邪魔者扱いしてきました」

地元にいたころは、そんなことはなかったそう。お互いの実家を行き来して、親戚ぐるみの付き合いをしており、フレンドリーに接してくれていました。

「去年あたりから、“今のままではダメだ”と言い出して、転職活動を始めたんです。そのまま地元の会社に勤めていれば、安定して一生を終えることができるのに、東京に行きたいと言ってきかなかったんです」

彼について聞いてみると、同じ年で見た目もカッコいい男性と言います。

「親同士の仲もいいんです。彼との結婚が私の人生の目標だったかもしれません。高校まではほぼ一緒にいたのですが、大学で離れてからも毎日のように会っていましたし、地元にいるときは、どちらかの家に入り浸っていました。ずっと大好きだし、自慢の彼氏です」

東京行きも、2人で準備を進めたそう。2人で物件を見て決め、東京に行ったら結婚するつもりだったというのですが。

東京に来て、彼は変わっていった

1 2