コラム 【浮気事件簿】谷原章介似の夫が手帳につける「女の成績表」を追え!~その1~

「先日、夫が洗濯機の横に、会社支給の手帳を置いていたんですよ。手に取って見たら、年季が入っている小さなメモが挟んでありました。そこには1~67までの数字が書いてあり、それぞれ“日付、顔A、体C 口が臭い×”など暗号みたいなことが書いてあったのですが、それって明らかに女性の評価。夫は国立名門大学を出ており、いろんなことを分析し、データベース化するクセがあるんですよ。おそらく、交際した女性をナンバリングして記録しているのでしょう。問題は、結婚後もその記録が更新されていること。私とは早くも同居人状態になっているのに、ほかの女性といい感じになっているのは、ちょっと心中穏やかではありませんね」

しかも旦那様は給料が少ないことを言い訳に、生活費をほとんど家に入れないといいます。

「彼がいくらもらっているか知らないし、家でほとんどご飯を食べないし、ひとりの時と生活費はあまり変わらないんですよね。かろうじて家賃の半分と、休日の外食費は出してもらっていますが、最近は何のために結婚したのかわからなくなることもあります」

もし、旦那様がホントに浮気をしていたらどうしますか? と聞いてみました。

「その事実と向き合えるかどうか……ケンカもしますが、同じ方向を見て夫婦になったわけですし。ナンバリングしている女性は遊び相手だと思いますが、調査をすることで本命の女性が出て来たらどうしよう。でも、関係を先に進めるには事実に向き合うしかないですよね……調査をお願いします」

 

※本連載の内容はプライバシー保護の観点から、体験内容を変えない程度に一部書き変えております。

tantei

恋愛相手のスペックを、手帳に細かく書いて管理。収集→分析が好きな人は高学歴男子に多い。


週末、ほとんど家に帰らない夫は、どんな相手と浮気していたのか? ~その2~へ続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/