コラム 【浮気事件簿】高収入&安定のエリート夫がやらかす、タイタニックポーズからの特盛牛丼~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこかを紹介。

今回の依頼者は小川純子さん(38歳・仮名)。彼女は官公庁に契約職員として10年以上勤務しています。きちんとした人で、アイロンがかかったハンカチ(百貨店の1階で見かけるブランドのベージュ色)を持っています。また、真夏だというのに紺のツイード素材のかっちりしたデザインの半そでワンピースに、肌色のストッキング、低めの黒いパンプスを身に着けていました。バッグはノーブランドの小ぶりのボストン。時計は日本のブランドのベーシックなチェーンタイプで、一粒ダイヤのネックレスをしており、爪の先は透明のマニキュアで整えられています。

どれも目立ちませんが丁寧に整えられていて、“この人は学級委員タイプの女性だ”と直感しました。

「相談というのは、結婚して7年目の夫が浮気していることです。夫は誰もが知っている大手のメーカーに勤務しています。31歳で結婚するまで恋愛経験がほとんどなく、堅実な男性です。私達は公務員や大企業の人しか入れない結婚相談所の紹介で知り合いました。彼は貯金も1000万円くらいあって、東京都中野区にマンションも買っていて、“この人しかいない”と思ってぐいぐい押したらあっさり結婚して、それから静かに生活していますが、ほぼ同居人のような存在です」

新婚旅行でも英語の勉強……

1 2