コラム 【浮気事件簿】恋愛地獄の入り口は、オーガニックランチ。400万円を貢いだ彼は音信不通~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、超美人のキャリアウーマン・花村朱里さん(35歳・仮名)。外資系の有名企業に勤務し、父親は貿易関連の会社を経営し、母親は元女優というサラブレット。実家は目黒区内の豪邸で、ご本人は麻布にある、外国人向けのマンションにお住まいです。そんな朱里さんは、イタリア車に乗って私たちのカウンセリングルームにおみえになりました。彼女が入って来ただけで、まるでそこが宮殿のような豪華な空間になったような気持ちにさせてくれる女性です。

朱里さんもまた、この連載を読んで私たちに依頼をしてくださいました。ファッションはベージュのニットワンピースに、黒のブーツというシンプルで上質なコーディネート。小さなイギリスブランドのクラッチバッグを小脇に抱えており、どこにもスキがありません。顎の長さで切りそろえられたワンレンボブは、毛先まで優雅さがあります。容姿も愛嬌があり美しく、少したれ目気味で、唇はふっくらとしていて色っぽい。しかし、瞳の奥には厳しさが宿っています。“そう簡単に人を許してたまるか”という気迫は、このカウンセリングルームにお見えになる依頼者様の共通点。

「私は独身なんですけれど、今回、山村さんに調査を依頼する彼とは、結婚も考えていました。私は、なんというか、自分の周囲の世界にいる男性が好きじゃなくて、カフェの店員さんとか、スポーツクラブのスタッフとか、スパのセラピストの男性とか、そういう“ケアの心”を持った人が好きなんです。でも、そういう男性は私みたいな年上の女は避けますよね。でも、彼はそんなことなくて、向うからアプローチしてきたんですよ」

3000円のランチに、涙を流して喜ぶ彼の正体は……?

1 2