コラム 【浮気事件簿】45歳モテ夫が向かう廃墟旅館、浮気を応援する女子高校生の謎とは?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼は、ある月曜日の19時にかかって来た電話でした。

「夫がメインのiPhoneに加えて、新しいスマホを買ってきたんです。これって浮気ですよね。山村さんはどう思いますか? 今、彼がシャワーを浴びている隙に電話しているのですが、きっと浮気をしているはずなんです」と私が電話を出ると、何の前置きもなく切羽詰まった声で語っています。

私達の事務所には、まれに“パートナーが浮気している”という考えに取りつかれてしまった人から連絡が入ることがあります。多くの場合、ひとしきり思いを語ると電話を切ってしまうことが多いのですが、翌日の朝一番にカウンセリングを受けに来るとのこと。

翌日、緊張しながら待っていると、近藤由香里さん(35歳・仮名)がやってきました。声の感じや行動から、エキセントリックな人を想像していたのですが、実際はその真逆で、クールな容姿で落ち着いた感じの女性でした。職業は画廊のスタッフで、東京・世田谷区の自宅から東京都中央区のギャラリーに通勤していると言います。身長は170cmくらいでパッと見、モデルのような雰囲気。全体的にかなりスタイリッシュな方です。あごのラインで切り揃えられたボブヘア、黒のVネックニットにスリムなデニムパンツを合わせています。ベージュ色の真新しいムートンブーツと、有名ブランドのエンブレムが付いた濃い紫色のダウンベストがとても暖かそうでした。

カウンセリングルームのテーブルに置かれたのは、大蛇と盾のエンブレムで知られるイタリアの高級車のカギ。ボストンバッグもイタリアブランドで、外側は黒のレザーでしたが内側はリアルなレオパード柄でした。

「昨日は取り乱して電話してしまってすみませんでした。夫は私より10歳年上なのですが、女性にモテまくっており、不安になって電話してしまったんです」

由香里さんのお話を伺うと、結婚してから7年間、ずっと旦那様の浮気グセに悩まされていたとか。

「モテるというとイケメンを想像するでしょうけど、全然違うんです。背は私より低いし、超おデブ体型です。お腹はぽこんと出ていて、ホントにカッコよくないんです。タレントの生島ヒロシさんが痩せる前に似ています。頭髪も薄くなっているし、全然見た目はフツーのオジさんなんです」

しかし、由香里さんのような美女を夢中にさせるのはなぜなのでしょうか?

1 2