【浮気事件簿】舞台は謎めいた高級住宅、医師とエキゾチック美女がかじる豚足の味~その2~

【浮気事件簿】舞台は謎めいた高級住宅、医師とエキゾチック美女がかじる豚足の味~その2~

ふたりは、特別親しいように見えませんでしたが、元町中華街駅から東横線に乗ったあたりから雰囲気が激変。東京に近づくにつれて、手を握ったりおでこにキスしたりと親密な様子が伝わってきます。裕子さんもそうですが、旦那様は小太りで背が低い女性が好きな様子。都心方面に近い駅で下車し、そのまま駅近くの一軒家に入っていきます。それはまさにあの男性の表札がかかっている弁護士の家。最初の調査の日はわかりませんでしたが、かなり古い高級住宅です。昭和のお金持ちが住んでいたような、和洋折衷の豪邸で、グーグルアースで確認すると、広い庭がありました。

この日の旦那様は、夜中の1時ごろに出てきて、おそらく酔っているのでしょう、ふらふらした足取りで表通りに出ると、タクシーを拾い神奈川の自宅まで帰っていきました。

一度、奥様の裕子さんに報告したところ、あまりのショックと現実を確認したことの安堵感で、またもや顔が紙のように白くなっていました。小太りだった体型も、心なしかやつれており、指先が軽く震えていました。相手の女性に対して、全く心当たりはありません。

「夫は白衣を着ていればモテるので、いろんな出会いがあると思います。この相手が、かつて彼が付き合っていたような派手系女性なら納得できるのですが、地味系女子というのが気になります。私はやはり離婚したくありませんし、もし、そうなるにしても有利に進めたいです。お金には心配はなくとも、心の問題……人間って、嫌いになったと思っても、いつもつかず離れずそばにいれば感情が戻って来るじゃないですか。夫婦ってそういうことですよね。この女性が何者なのか調査して下さい」と依頼があり、再び謎の高級住宅へ。身辺調査に入ります。

彼女は離婚調停中の30代前半女性で、子供が1人いるけれど彼女の夫側が監督保護している様子。この家は友人の実家が所有する空き家で、一時的に間借りをしていました。彼女と旦那様の接点は、数年前に彼女の子供が旦那様のクリニックにかかったこと。そこからほのかな恋心がお互いに芽生えていた様子です。

この報告書を見せながら、裕子さんは夫に話を持ち掛けると、恋愛行為については完全否定したと言います。なんでも彼女の作る豚足が入った沖縄風おでんが美味しすぎるので、しばしば食べに行っていたとか。そしてクルマじゃない時はお酒も飲んで楽しんでいたと弁明。旦那様は「好みの女性と微妙な距離感の恋愛を楽しみたかっただけで、愛しているのは裕子ちゃんだけだ」と土下座する勢いで謝り倒したとか。

uwaki1

裕子さんが旦那様のスマホのアルバムをチェックすると、アルバム内の写真には古いお屋敷の美しいリビングの内観と、おでんの写真しかなかったとか。(※写真はイメージ)

今回の調査費用は、50万円です。

※本連載はプライバシーを考慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

賢人のまとめ

仕事とは関係がないのに、深夜帰宅や外泊が続いたら、浮気の可能性が大きいです

1 2 3

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/

恋愛講座 恋愛運 結婚 アラフォー 美人探偵 アプリ 運勢 浮気 浮気事件簿 婚活 占い 金運 恋愛 アラサー 占星学 iPhone 貧困女子 時短 不倫 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。