コラム 【浮気事件簿】勇敢・消防士が魔性の親子に巻き上げられた数千万円。犯罪スレスレの手口を暴け!~その1~

デート先は、舞浜のテーマパークやお台場など、人気のデートスポットが多かったとか。弁当屋さんを辞めた後の彼女は、実家の仕事(中華料理店)を手伝ったり、ヘルパーの資格の勉強をしたり、子供の世話をしたりと、忙しかったけれど、それでも依頼者・黒田さんとデートの時間を割いてくれたそうです。

「僕の仕事が交代制ということと、土日は子供のために使いたいと言うから平日限定で月に2~3回デートをしたんです。彼女の息子も僕になついてくれて、彼女から“あなたとだったら3人でうまくやっていける”って言われたんです。だから、僕も結婚するなら彼女しかいないと思って、先日プロポーズしたんですけど、はぐらかされちゃって、次第に既読スルーされるようになって、先輩に相談したんです」と、涙目で語る黒田さん。

その相談を受けた先輩は、黒田さんに交際の内容のすべて聞き出した。

「こいつ、7年間の交際の間に弁当代だけじゃなくて、すっげープレゼントしていたんですよ。ブランドバッグやジュエリー、服だけで100万円は超えています。さらに、化粧品、エステ代、ダイエットサプリメントの定期購入だけでなく、息子の塾代までコイツのカードの引き落としになっていて、月に10万円以上払ってるんですよ」

そして、黒田さんは不穏な噂を耳にします。それは、上司と彼女が付き合っているという内容でした。

「今、彼女とほとんど連絡が取れなくなってしまって。実家の場所は知っているのですが、他に手掛かりはないのです。どうか彼女のことを調べてください」

uwaki

マッチョなボディーの先輩が、魔性の女に魅入られた後輩をレスキュー。

※本連載はプライバシーを考慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

音信不通になった美貌の母と息子、血も涙もないタカリ体質の実態は……~その2~へ続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/