コラム 【浮気事件簿】夫の会社に潜む妻のスパイから浮気が発覚! パパVSママ、骨肉の親権争いを制すのはどっちだ?~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、Web関連のデザイナー・田口涼子さん(仮名・35歳)。オードリー・ヘップバーンにどこか似ている美人で、モード系おしゃれが似合う女性。結婚10年になる旦那様は、12歳年上の47歳で、多くの会社を経営している超お金持ち。自分の会社の社員と深い関係になっているとか。

今までさんざん浮気されながらも、リッチな生活を手放したくない涼子さんは、結婚生活の継続を希望。しかし、愛猫のミーコとともに、旦那様が出て行ってしまったことで、旦那様が離婚を本気で考えていることを察知。交渉を優位に進めるために、調査を依頼してくださいました。

☆☆☆

旦那様と猫のミーコがいなくなった日について、詳しく伺いました。

「あの日は金曜日で、夫が“たまにはお母さんと温泉旅行にでも行ってきたら”と20万円くれたんです。それで、土曜日に横浜に住む母を誘って、熱海の旅館にチェックイン。一泊してスパでツルツルになって帰ってきたら、家の気配がシーンとしている。夫が大切にしている坂本龍馬のミニチュア銅像、ミーコ、ノートパソコンなどがなくなっていました」

これは浮気相手のところに行ったのだとピーンと来て、私達に電話をしてくださったとか。

「夫が出て行ったということは、私の生活が保障されなくなること。これが恐ろしいですよ。10年間、値段も見ずにモノを買い、母とエステや韓流の追っかけをしたり、ハイブランドでは外商担当者が欲しいものを奥から出してくれる、あの快感がなくなるわけですからね。絶対に離婚なんて受け入れられません。ここに電話した後に、離婚に詳しい弁護士事務所に相談して、どんな証拠を押さえればいいかもアドバイスを受けてきました。私はリッチな生活を絶対に手放しませんよ!」

拠点がいくつもあり、行方不明な夫の居場所を教えてくれたのは、スパイだった

1 2 3