コラム 【浮気事件簿】元妻と3回浮気! 薄毛のイケメンが通うマンションと、大量購入のドッグフードの怪~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者・安達久美さん(仮名・35歳)は結婚5年間で、3回の調査を依頼してくださったリピーター。PUFFYの由美ちゃんにそっくりな、目鼻立ちがハッキリした美人です。

同じ年でバツイチの旦那様は、俳優の豊川悦司さんそっくりのイケメン。大手の会社に勤務し、明らかに仕事がデキる人オーラを醸し出しています。ふたりはマンションも購入し、大手企業に勤務し、人生も順風満帆ですが、旦那様には22歳から26歳まで結婚していた元妻が忘れられないという欠点が。

過去3回の調査も、相手はすべて元奥さん。その元奥さんは、フツーの女性。特別美人でもない女性に浮気されて、ハラワタが煮えくり返っている美人の妻・久美さん。これは、多くの調査の傾向なのですが、女性は自分より容姿が劣る相手と旦那様が浮気することを許しません。これは私の考えですが、相手が“美人なら、まあしょうがないか”と流せるけれど、不美人だと“なんでこの程度の女にウチの夫が! きっと他に魅力があるからに違いない。妻の座(経済的安定)がヤバい”となるようです。

今回の調査の目的は、“2人が仲良くしている証拠をガッチリおさえて、弁護士を間に入れて、元妻と旦那様の接近禁止命令を出すこと”だといいます。

☆☆☆

4回目となるこの調査は、久美さんが旦那様の会社のスケジュールをプリントアウトしてきたので、かなりスムーズに進みました。平日の退社時間や、会食先のレストランから尾行し、旦那様の行動を追います。

この1年で、旦那様は髪量が減って短髪になり、お腹回りが太ったような気がしましたが、相変わらずカッコいい。ダークグレーのスーツを颯爽と着こなし、トレンチコートを羽織る姿は、探偵もほれぼれするほど。依頼主・久美さんから“この日があやしい”とマークを付けた日に絞り、調査をしましたが1日目、2日目は自宅に直帰。

変化があったのは、調査3日目です。東京・銀座にある高級日本料理店から21時に出てきた旦那様は、新橋の量販店まで歩いて、高級ドッグフード缶を10個カゴに入れました。その後、ブレスケアと避妊具、駄菓子セット、ミネラルウォーター、メロンソーダを入れ、ニヤニヤと笑っています。ほろ酔いだからか、全身から喜びがスパークしている感じが伝わってきました。

その後、山手線に乗り、ずっとスマホをいじっていますが、旦那様は以前、探偵に尾行された経験があるから、周囲を振り返るなど警戒しています。その様子から、“今日浮気する”と確信。

新橋駅から、浜松町駅で下車したので、探偵も後を追います。旦那様は改札に向かわず、駅のホームで電車を3本見送っていました。駅のホーム全体を見て、周囲の様子を伺って、誰も尾行者がいないことを確認してから、電車に乗ります。私達は階段裏と、ホーム階段から様子をうかがっていたので、旦那様に姿を確認されることはありません。何度も調査をされている人だから、3人体制で、洋服も替えて尾行しているので、見失うことなく、尾行を続行できました。

それにしても旦那様は高級スーツに量販店の大きな黄色いビニール袋を持っているので目立ち、尾行はとてもスムーズでした。今回、このように電車を見送ったのは、前々回の調査の時に、タクシー移動で追跡されたので、警戒しているのでしょう。

その後、緊張がほどけたのか、全く後ろを振り返ることなく目黒駅からタクシーに乗り、元奥さんが住むマンションに入っていきます。その後、22時30分から、深夜3時までそのマンションから出てきませんでした。

ムービーと写真で久美さんに報告したところ、即刻旦那様のケータイに電話して、怒鳴り散らしていました。しかも、久美さんは元妻の電話番号も知っており、彼女にも電話をして、ある弁護士事務所に呼び出し。それは鬼のような形相でした。

結果を見て、激怒した久美さんは2人を呼び出し。その後どうなったのでしょうか

1 2