コラム 【浮気事件簿】真面目すぎる元・高齢処女、地獄の婚活で結ばれた王子様が追う、大学ノートの女~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、桜井弥生さん(35歳・仮名)。大手の建設会社で一般職の事務をしています。お住まいは東京の豊洲にあるタワーマンション。横浜にある私たちの事務所までは、コンパクトカーでお見えになりました。

弥生さんは、いかにも堅実女子、というタイプの女性です。伸ばしっぱなしのセミロングヘア、銀縁メガネ、ボーダーニットにイエローのカーディガンをはおっており、黒のガウチョパンツをはいていました。カーディガンは自宅で洗ったのか、やや縮んでおり、肩のあたりにハンガーの跡がピコッと出ていますが、お構いなしの様子でした。

メイクも厚塗り……というのでしょうか、ファンデが浮いていて、ベージュ系のアイシャドウのグラデーションがハッキリわかります。いろいろと頑張っている女性なんだな……と感じました。まずは旦那様のことについて伺おうとしたのですが、弥生さんが語ったのは、婚活について。

「28歳から婚活をものすごくがんばって、お見合いパーティーや合コン、街コン、結婚相談所、SNSのサークル活動など本当にいろんなことをしました。明らかにブサイクで傲慢な男たちにバカにされて、“結婚したいんでしょ、BBA”という態度で見下されて、ホントに辛かったんです」

弥生さんの実家は岩手県。実家も遠く友達も少ない中、5年間、週末はすべて婚活に費やし、ひたすら粘り強く頑張ったと続けます。

「婚活で男性に見下されて傷ついた心は、少女マンガで癒してました。婚活では農業や釣りなど、全く興味がないことにも手を出して、使ったお金は200万円くらい。今の夫に出会ったのが、老舗の結婚相談所で、33歳のときでした。夫は4歳年上の37歳、超有名大学を卒業し、大手のIT関連企業に勤めているし、見た目もそこそこフツーだし、豊洲にマンションも買っていて、ホントに王子さまだと思いました。私のことをバカにせず、対等に接してくれて、婚活を続けてよかった……と感動してしまって。私、結婚するまでバージンだったんですよ」

旦那様は弥生さんが処女だったことも気に入って、トントン拍子に結婚は進んだそうです。

「自分でも、経済面で恵まれていると感じます。しかし、夫は激務なんです。恋愛している暇がないから、結婚相談所で結婚相手を見つけたそう。“老後ひとりになるのはイヤだ、でもバカと結婚するのはもっといやだ”と言っていました。私と結婚した翌年に、役員に昇格し、夜中に帰り6時に出るという毎日が続いています。私も仕事は続けているので、平日はほとんど顔を合わせることなく、土日だけが夫婦そろって過ごせる時間なのに、ゴルフやセミナーなどに出掛けてしまう。私はほとんど夫に会っていないんです」

結婚2年間、ほぼ、夫の寝ている姿しか見たことがない妻に対し……

1 2