コラム 【浮気事件簿】薄毛王子とポエム妻の激安スーパー逃避行、学歴コンプレックス夫は総白髪~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者様は野崎光男さん(仮名・38歳)。女性から結婚したい職業として、不動の人気を誇る公務員です。結婚10年になる、同じ年の奥様の様子が最近おかしいということで、私達に浮気調査を依頼してくださいました。

光男さんがカウンセリングルームにいらっしゃったとき、背が高く豊川悦司さんそっくりの風貌に、胸がときめきました。遠くで見るとカッコいいのですが、近くで見ると、どう見ても38歳という実年齢よりも上に見えます。髪は総白髪で、頬と眉間には深いしわが刻み込まれています。ファッションも“ザ・初老”という感じで、グレーのポロシャツに格子柄のベージュニットベスト、グレーのパンツにスリッポンタイプの茶色の靴、靴下はモコモコしたラクダ色です。

「僕……老けてますよね。ここまで老け込んだのも、妻の浮気を疑って夜も眠れなくなったからです。僕の妻は幼なじみで、10年前に結婚適齢期になったことをきっかけに結婚しました。まあ、なんというか、いろんな女性と会ったのですが、僕は堅実で賢い奥さんが良かったので、親同士も仲がいい妻と結婚し、平和な結婚生活を送ろうと思っていたんです。妻は理系の大学を卒業した後、大手メーカーの研究職をしていて、プロポーズしたときも“仕事は辞めない”と断言したこともよかった。僕、働く女性が好きなんです」

しかし、奥様にとって“働く=子供は作らない”ということだったと言います。

「僕が“働いてもいいよ”とか“遅くなっても文句は言わないよ”と言うとブチ切れ、結局子どもは作らないという結論に落ち着きました。僕は妻たるもの平日は外で働いてもいいのですが、土日は家にいてほしいと思っています。妻もそんな僕に合わせてくれたのですが、ここ半年くらいは、僕に反抗するようになったんです。妻は潔癖できれい好きですが、僕はどちらかというとズボラ。タオルを出しっぱなしにしたり、靴下を脱ぎっぱなしにしたり、コップにちょっとジュースを残したまま放置したりしちゃうんです。前は小言を言っただけなのに、先日は烈火のごとく怒り、その日から3日間、妻は家に帰ってこなかったんです」

家出の間、妻は一切の連絡を絶った……

1 2