コラム 【浮気事件簿】ドヤ顔のハワイ披露宴から、奈落の底へ……スペック重視母娘がハマった罠~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、山口文枝さん(仮名・57歳)で、娘の婿の素行と出自調査の依頼です。文枝さん親子は“ハイスペック男子以外はNG!”という強い意志で生きてきました。そこでお嬢様がGETし、ハワイで挙式した東大卒・一流商社勤務というイケメン男。でも彼にはつじつまが合わないことが多く、SNSも全くやっていない。だからこそ徹底的に調査し、もし結婚時のスペックと違っているなら訴訟も辞さず、という強い意志を感じました。

☆☆☆

まずは、娘さんの旦那様(お婿さん)の、勤務先を特定するため、翌朝から2人の新居の前で張り込みスタート。2人の家は、小田急線の成城学園前駅にある低層マンションです。表通りに面しているので、探偵カーで朝7時から見張ります。

朝9時くらいにマンションから出てきたお婿さんは、ブルーグレーのスーツ姿。背が高く、俳優の伊藤英明さんに似ており、目を引きます。文枝さんが“自慢の婿”と思うのも納得。駅まで徒歩で向かい、新宿駅で乗り換えて恵比寿駅で下車。慣れた様子で、駅から徒歩10分程度の場所にある、おしゃれだけれど、どこか怪しい雰囲気の雑居ビルに入っていきます。エレベーターが止まった階にある会社名を検索すると、アダルトなサービスの運営や、ゲームアプリの開発をしている会社で、代表取締役の名前は、女性。旦那様の名前も役員として、会社概要に記されていました。

怪しい雑居ビルと、ザクザク出てくる女の影……

1 2