【浮気事件簿】20歳年上妻は“清楚な女豹”、連れ子の女子高生が知る“ママの性癖”~その2~

【浮気事件簿】20歳年上妻は“清楚な女豹”、連れ子の女子高生が知る“ママの性癖”~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者・岡田拓也さん(28歳・仮名)、新進のIT企業に勤務するエリートビジネスマン。彼が3年前に結婚した20歳年上の奥様についての調査依頼です。奥様の帰宅が遅くなったことと、連れ子である高校3年生のお嬢様と奥様が交わすLINE画面に“ニュー彼氏とデート”という文言を見たために、調査を依頼してくださいました。

☆☆☆

張り込みは奥様の会社からスタート。会社が入っている青山のビルの下で、17時から待機します。予想より早い時間の18時にビルから出てきた奥様を追います。この日は白のワンピースに、ベージュのツイードのジャケットだったので、目につきやすいです。

大通りに出てタクシーを拾うと、新宿方面へ。あるセレクトショップに入って、お買い物。ストライプのシャツ、ダメージデニム、スニーカーなどを購入し、お店の更衣室で着替え。着ていた服は、ショッピングバッグに入れて、颯爽と出てきます。シンプルなカジュアル服もとても似合って、思わず見とれてしまいました。

彼女を追うと、歌舞伎町方向に行き、ある神社へ。その境内で奥様を待っていたのは、身長180cmはある、俳優の溝端淳平さんにそっくりなイケメン。肌がツルツルなので、20代半ばでしょうか。大学生と言っても通じそうです。

彼のほうから彼女の手をとり、カップルつなぎにして歩き出します。髪をアップにしてカジュアルな服を着た奥様は、言われないと本人だとわからず、これは変装なんだとピンときました。

ふたりは激安で知られるチェーン居酒屋に入り、レモンハイをオーダーし、飲み始めます。私達も後ろの席が取れたので、会話を録音し動画で撮影。

奥様のほうが彼にホレ込んでいるという印象で、“ウチの新人の○○さんと仲良くしすぎだと思うの”“私だけを見て”“ねえ、目を見て好きと言って”など彼にガンガン押しており、彼は困った表情をすることなく、“愛しているよ”など言い、ひと目をはばからず奥様にキスをしていました。

会話から察するに、男性は奥様の会社から仕事をもらっている広告代理店の男性のようです。2時間後に会計をしたのは彼で、総額は約2500円。ふたりは2杯ずつしか飲んでいないのに、お互いに支え合うようにエレベーターに乗り込みます。私達も乗ろうとしましたが、満員で断念。非常階段で急いで1階まで降ります。各階止まりで混雑したエレベーターから彼らが出てくるのを待ち受け、尾行を続行。これはホテルに行くと踏んでいたら、ふたりは新大久保方面に歩き始めます。私もバッグに仕込んだ隠しカメラの角度を確認。出入りの瞬間をおさえるために、私達も体制を整えます。

男のプライドが高いのか、大金持ちの奥様に1円も出させない男の正体は?

1 2
貧困女子 金運 派遣女子 iPhone 派遣 レシピ 美人探偵 時短 アプリ アラフォー 婚活 浮気事件簿 ダイエット 占い 恋愛 アラサー デート 仕事 CITRUS 結婚
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!