コラム 【浮気事件簿】自宅に愛人を連れ込む夫と孤独妻、小太り女子アナ風女が持つジョーカーの行方~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、大学院に通いながら、セレブな奥様をしている足立雅美さん(仮名・35歳)。旦那様は、神奈川県内で代々実業家をしているお金持ち。妻の雅美さんを放置し、今までに浮気をした女性の人数は30人以上。その中には、雅美さんの友人もいて、自宅で恋愛行為をしたこともあったとか。

今回の調査目的は、離婚を円滑に進めること。出産のリミットが近づいた雅美さんは、なかなか別れたがらない旦那様と決別するため証拠を押さえようと思いつきました。

☆☆☆

平日も休日も関係なく時間が自由になる旦那様の調査は、行動パターンがないので調査が絞れません。それゆえに、調査費用が高額になってしまう場合もあり、依頼者の雅美さんには、その事を最初に申し上げ、“調査費用の上限は諸経費込みで100万円”と合意を得てスタート。

神奈川県内の高級住宅地にある、雅美さんの自宅から張り込み開始。朝8時に雅美さんが大学院に行くために家を出た30分後、自宅前にタクシーが停まり、ワンレン・ボディコンのアラフォー美女が家の中に入っていきました。

2時間ほどしてガレージが開き、彼女と旦那様が白のエコカーに乗って外出開始。このクルマは、話題になった映画『ラ・ラ・ランド』にも登場していました。アラフォー世代以下のお金持ちは高級外車ではなく、なぜかこのクルマを愛用しています。

2人を乗せたクルマは、横浜中華街のタワーパーキングに停め、麻婆豆腐が有名な中華料理店に入っていきます。旦那様は、俳優のえなりかずきさんを少しワイルドにしたような感じで、育ちの良さが全身からにじみ出ています。ファッションはダンガリーシャツにチノパンに、カモフラ柄のナイロン素材のブリーフケースでした。明らかにラブラブな彼女に対し、上の空の旦那様。彼女は辛い麻婆豆腐をキャーキャー言いながら食べているのに、一言もしゃべらず、黙々と食べており、彼女に目もくれずスマホをいじっていました。

彼女を横浜駅まで送った後、みなとみらいのランドマークタワーの地下駐車場にクルマを停め、ホテルのラウンジに行きます。仕事関連と思しき50代のスーツ姿の男性と2時間ほどミーティング。相手が帰った後、30分ほどボーっとして、また上の空という感じでスマホをいじっていると、今度は別の女性が登場。彼女はふくよかで化粧が濃い。30代前半で女子アナ風のファッションでした。

彼女は慣れた様子で、旦那様の後ろに立つと、頭のてっぺんにキス。旦那様はそれに驚いて、彼女の手をとってニッコリ。その後、ホテルの部屋に2人で入っていき、仲睦まじい様子で出てきました。このいかにも恋人というこの動きも、動画と写真でおさえました。

来るもの拒まず、というスタンスの男性の浮気相手の総人数とは……

1 2