コラム 【浮気事件簿】愛より金!時給900円の強欲美女、浮気相手と同僚に!? 交際で男がしゃぶられた骨の髄~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

☆☆☆

今回の依頼者は、外資系金融会社に勤務する彼氏の浮気を疑う、梅田佐和子さん(仮名・32歳)です。彼女は小柄で細身、目がパッチリと大きく黒髪の美女。都内のおしゃれなカフェで、時給900円のアルバイトをしています。

交際1年の彼は、年収2000万円の外資系証券会社の社員。お金が大好きな佐和子さんは、彼が安定して高収入だから、結婚目的で交際を決めたそうです。しかし、彼が佐和子さんを自宅に入れないことなどで浮気を疑い、私たちに調査を依頼してくださいました。

調査は、佐和子さんとデートの予定がない、土日に絞りました。調査費用は、彼女がアルバイト代をコツコツためた、なけなしの50万円のみ。私たちもなるべく費用をかけたくないので、綿密にスケジュールを打ち合わせして、“この日”という日に絞りました。

土曜日、私たちは彼のマンションの駐車場出口に絞って張り込みを開始。この建物は、表・裏・運送業者用・地下通路・駐車場と出入り口が5か所あり、通常ならその5か所に探偵を配置します。しかし、佐和子さんから“彼は絶対にクルマで出かける”と断言。彼の高級イタリア車が出てくるのを待ちます。

早朝から探偵カーで張り込んでいましたが、そのクルマが出てきたのは夕方。追跡を開始します。彼は白金台のほうに移動し、ある豪邸の前で待機。すると、お腹のあたりからふんわりとふくらむシルエットの真っ白なワンピースを着た、“昭和の令嬢”といった雰囲気の女性が出てきて、クルマに乗り込みます。この女性も依頼者・佐和子さん同様、色白で小柄で細く目が大きく、見事な黒髪の持ち主でした。

それから、高速に乗り葉山方面に向かいます。なかなか予約が取れないことで知られるイタリアンで食事をし、海沿いを江の島方面までドライブ。散歩をしているところを撮影したのですが、ぺたんこシューズなのに見事な脚線美で、相当スタイルがいい。それから彼のマンションまで戻り、彼女は彼の家にお泊りしていました。

佐和子さんの調査目的は、彼に別の女性がいるかどうかの確認だったので、これにて調査は終了かと思いましたが、報告すると女性が何者か突き止めて欲しいと追加依頼が。

平日に女性の調査をしたところ、白金台の豪邸は親戚の家で、そこに下宿しつつ、都心の高級日本料理店で、チーフ格の仲居さんをしていることがわかりました。

「なんなの?この女!絶対に金目当てに違いありません。彼もホントに女を見る目がないんだから。こうなったら、この女と直接対決をしてやる!」と勝ち気な佐和子さんは怒っていました。

浮気相手と佐和子さんは、調査の後、同僚として働くことに!?

1 2