コラム 【浮気事件簿】東京生まれ夫、関西出身妻と不協和音からの浮気?復讐のタコ焼きのお値段は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します!浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者様は、鈴木沙織さん(仮名・35歳)。東京都世田谷区内にある一戸建てにご夫婦で住んでいます。沙織さんは体が弱いので、8年前に結婚してからずっと専業主婦でした。いかにも育ちが良さそうな白のブラウスと紺のフレアスカート、アメリカブランドのシンプルな紺のミニボストンを持っています。色白で華奢ではかなげな雰囲気。男性にモテると直感しました。

「夫は同じ年で、大学時代に合コンで知り合いました。私はすぐ貧血を起こしたり、立ちくらみがして、体が弱いから夫の相手があまりできません。それでもいいと夫は結婚する判断をしたのですが、夫もだんだん嫌になってきたんでしょうね。最初は私が細身体型なことが好みだったらしく、熱烈な愛の言葉をささやいていたのですが、ここ5年くらいはただの同居人になっています」

沙織さんは大学時代から東京暮らしですが、出身は関西。かなり強い関西弁で話します。そして旦那様は、東京都世田谷区で生まれ育ち、身長も高くてカッコいいシティボーイだそう。

オシャレで 品がいい夫は無類の女性好きであり、無自覚にモラハラ行為を行なう人物だった

1 2