コラム 【浮気事件簿】既読にすらならないLINE、東大卒女子が100万円貢いだバンドマンの本命は誰!?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の相談者は、平田恵美さん(仮名・30歳)。彼女の職業は霞が関にある省庁に勤務する、東大卒のスーパーエリートです。依頼が来たのは、深夜1時にかかってきた電話でした。

「交際中の彼が不審な行動をしているんです。今、全く連絡が取れなくなってしまって。もしかしたら、誰かに連れ去られたのかもしれません」と電話の向こうで泣いており、かなり取り乱していることがわかりました。私たちは、身辺警護の仕事も受けているのですが、その多くは依頼者の方の思い込みです。そのことをお伝えすると、「明日、相談にお伺いします」と言って、電話を切りました。

その翌日の夕方、依頼者・恵美さんは、横浜の事務所にやってきました。冷徹そうな女性が来るのかと思っていましたが、やってきたのは広瀬すずさんにそっくりな、キュート系の美人。メイクは薄く清楚な印象で、ジャケットの下には、白のオフショルブラウスを着ており、鎖骨と肌の美しさにドキッとしました。

「昨日はすみませんでした。あの後、彼とは連絡が付いて、泥酔してバイト先のお店で寝ていたことがわかりました。私の彼はお金にも女性にもだらしなく、不審な行動が多いのです。25歳から5年間も交際しているので、彼に対する執着があるというか、結婚相手としてはかなり微妙なのですが……。私が今の仕事を続けていれば、結婚はできると思っているんですけれど、肝心の彼が結婚どころか、私との将来について何も考えていない様子なんですよね」

浮気を思わせる謎な行動はあるけれど、ホレた弱みで交際を続け、見て見ぬふりを続けてきたと言います。

「平日の夜に、全く連絡がとれなくなったり、土日はLINEの既読さえつかなくなったりしたこともあるんです。女性だけでなくお金にもだらしがなくて、借りてはいけないところから借りてしまう経験もあったので、きっと“ウシジマくん”のような人から取り立てにあっているのかも……と心配になることも。今は複数のバイトをきちんとこなしているから、お金に困ってはいないと思いますが、不安なことが多くて」

恵美さんの彼の本業は、インディーズバンドのギタリストだった

1 2