コラム 【浮気事件簿】逆タマ夫の不倫相手は会社の部下……その時、資産家の妻は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 
浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

初恋の男の子と結婚し、理想の家庭を築いてきた上村玲子さん(仮名・40歳)が、今回の依頼者です。玲子さんは一般的な会社員として働いていますが、実家は世田谷区内にある超お金持ち。多くの不動産を所有しており、彼女名義のものだけでも、時価総額は数億円にも及ぶといいます。しかし、玲子さんのファッションは質素。ケバ立ったナイロン製のトートバッグに、白ブラウスにデニムを合わせて、靴もそこがすり減ったスニーカーです。1000円カットで切ったという、ブルゾンちえみさん風のオカッパヘアで、パッと見は地味で年齢より上に見える女性です。

「夫は私立小学校の同級生です。見た目もカッコよく、スポーツ万能で、勉強もでき私の初恋相手でした。当時から、ノートに名前を何度も書いたり、空想上で交換日記をつけたり、似顔絵を描いたり……彼のことを運動会で隠し撮りするなど、今思うと変な小学生だったのですが、魂がふるえるほど好きでした」

しかし、彼が5年生の時にお父様の事業が倒産し、彼は地方の公立小学校に転校してしまったとか。

「最後の登校日、女の子が群がっていたのですが、地味な私は指をくわえて見ているだけ。先生に転居先を聞きましたが、恥ずかしくて手紙も出せませんでした。私はエスカレーターで大学まで進学し、中堅電機メーカーに就職。父親の“普通に生きなさい”という方針で地味な会社員生活を今まで続けています」

27歳のときに、初恋の男の子である、現在の夫と再会した依頼者・玲子さん。

「小学校1年生から21年間ずっと彼を思っていて、いつか再会できると信じていたのですが、まさか合コンで目の前に彼が座っているとは!飛び上がるくらい驚きました。向こうは私のことを忘れていましたが、小学校のころから思い続けていたことを伝えると、彼も感動してくれて、トントン拍子で結婚。彼はトップレベルの国立大学を卒業し、IT関連会社の役員をしており、今もその会社にいます」

玲子さんの結婚を機に、実家から送られた目黒区内の庭付き豪邸で、ふたりは結婚生活をスタート。旦那様は、結婚して初めて玲子さんの財力を知り、自分が逆玉の輿であることに気付き、態度が激変。玲子さんをお姫様のように大切にするようになったとか。しかし、モテる彼には、女性の影がチラチラと。

夫と父親の浮気パターンは似ている……浮気相手に本気になることを防ぎたい

1 2