コラム 【浮気事件簿】妻の知人との秘密の関係!?元ホストの夫のカバンに潜む、謎の名刺入れ~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者様は、中山絵里さん(仮名・35歳)。ホストとアイドルを足して2で割ったような、可愛い系夫の浮気を疑っています。人気のヨガインストラクターとして活動しながら、健康系のホリスティックサロンを経営するお金持ちの女性で、山村の数年前からの知人です。依頼は、「ちょっと相談に乗って欲しい」というLINEから始まったのですが、やり取りするうちに、会って話した方が早い、ということになり、田園都市線沿線のファミレスでカウンセリングスタート。

「去年結婚したばかりなのに、早速、夫が浮気をしているっぽいんですよね。彼は食品メーカーの営業だから、どこにでも行けるし、割と時間も自由ですしね。もともと彼は25歳まで地元のホストクラブで働いていて、女性のあしらいに慣れているから、やっぱりヒヤッとすることがあるし」

ヒヤッとするとは、具体的にどういうことなのかを伺いました。

「どんな女性にもボディータッチをしながら話すこと。あとは、ファストフードなどに行っても、紙ナプキンを用意したり、ステキな腕時計をしている人の腕を取って、時計をまじまじと見たり……一般的な日本男性って、そんなことをしないから、どの女性も“私のことを好きかも”って勘違いする。それで、向うから夢中になって、夫がパクッっていってしまう。関係が終わってからも、のらりくらりと交わしているから、女性も手に負えないと思ってフェードアウトするというのが、結婚前によく見ていたいつものパターン」

女性は、男性から大切にされたいのではなく、“特別な存在”として保証されたいものではないか、と絵里さんは続けます。

「私と結婚したのも、中学校の同級生だから、お互いに“この辺りでいいか”という妥協があったんだと思うけれど、まあ私は夫の初恋の人らしいから、そこそこ特別扱いをしてくれるんだけれど、やっぱり浮気されていると気分が良くない。結婚を機に、それまでふらふらしていたのに、きちんとした会社に契約社員とはいえ勤めてくれたのも嬉しかったし。子供の話も出てきている矢先に、何をしているんだかって思いますよ」

バッグの中から、ちらっと見えた、本人が絶対に買わないモノとは?

1 2