コラム 【浮気事件簿】晩秋の国会議事堂前で路チューの衝撃、アラフォー女子の報復とは?~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、私達のリピーターで3回目の調査となる浅野和希さん(仮名・38歳)。和希さんは派遣社員をしている独身女性なのですが、美人でモテるのに浮気をされてしまうのが悩み。今回は、交際中のバツイチの同僚男性の調査をすることにしました。

☆☆☆

依頼者・和希さんは、調査対象者である彼の詳細なスケジュールを私達に資料としてくださいました。それは会社の共有のカレンダーで、訪問先の企業名まである詳細なもの。2週間分あり、マークしてあるのは“直帰”の日。費用を抑えるために夕方から絞り込んで、調査をすることにしました。

東京都心にある複合オフィスビルのエントランスで、17時から張り込み開始。30分後に彼が降りてきました。俳優の堺雅人さんに似ていて、とてもカッコいい。誰かを待っているのか、立っている姿を見ながら、美人の和希さんと並んだら絵になるな……と思いました。

そこに、浮気相手と目される新入社員が登場。彼女は小柄でちょっとぽっちゃりしていて柔和な感じ。スリムな和希さんと比べると、見劣りするのは否めません。

彼は「行くぞ」と小さく言い、歩き始めました。彼にくっついていく彼女は、和希さんから預かった入社当初の写真とは別人。重苦しい黒髪から明るい色のボブに変わっており、メガネもコンタクトに変えており、同一人物には見えませんでした。電車移動中に顔のパーツをよ~く見比べて、ようやく同じ人だと判断できたほどでした。

18時に得意先のオフィスに入り、19時に取引先の人と4人で出てきました。その後、4人は2台のタクシーに別れて乗り、都心にある人気しゃぶしゃぶ店へと横付け。にこやかに入っていきます。赤坂にあるこのお店は、クラシカルな雰囲気が不倫カップルにも人気があり、私達探偵もよく行くお店です。予約しなくても入りやすいのですが、今回は商談がメインになることが予想されるので、恋人同士の会話はないはず。出口付近を探偵カーで見張ることにしました。

4人が出てきたのは、22時。地下鉄の入り口で、取引先の男性は2名で帰宅。彼と彼女は客の姿を見送ると、どちらともなく手を繋いで歩き始めました。

2時間近くも、深夜の東京都心を薄着のまま散歩し続ける理由とは?

1 2