コラム 【浮気事件簿】女友達と腐れ縁……元追っかけの束縛妻を襲う「ハロウィンの悪夢」~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、神田明菜さん(仮名・37歳)。彼女は「趣味はみっくん(夫のこと・以下同)」と言い切るくらい、旦那様が大好き。結婚10年になるのに、家にいる時はトイレ以外一緒、休日もべったりなど、旦那様の全てが知りたいという、超束縛妻です。

「みっくんは元バンドマンで、私はその他大勢のファンだったんです。高校時代からストーカーのようにすべてのライブに通い、27歳の時にやっとのことで結婚してもらえました。私の人生はみっくん優先なので、子供はつくりませんし、死ぬまで一緒にいたいんです」

明菜さんは、元バンドギャルらしく、ほっそりした体形です。ツインテールとコルセットがよく似合っており、全体的に小柄でかわいらしい。バッグはイギリスのパンクバンドのブランドのものです。聞けば、明菜さんの実家は神奈川県相模原市にあり、莫大な不動産資産を持つ大地主。夫婦の生活の面倒は、ほぼ実家がみているという状況だったこともあるとか。

「みっくんは私の5歳年上なのですが、結婚1年目まではバンド活動をしていました。でも、33歳のときにスパッとバンドを辞め、音楽関連の会社に就職しちゃったんです。親はずーっと面倒見てくれると言っていたのに、わざわざ辛いほうの道に進んじゃって……すっごい反対したんですが、決意がハンパなくて、私もパパもママも押し切られてしまったんです」

旦那様には仕事をせず、ずっと一緒にいてほしいというのが明菜さんの願い

1 2