コラム 【浮気事件簿】女友達と腐れ縁……元追っかけの束縛妻を襲う「ハロウィンの悪夢」~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、超束縛妻の神田明菜さん(仮名・37歳)。彼女は旦那様が大好きで、24時間・365日行動を把握したいというタイプ。

☆☆☆

調査は、日帰り出張や長時間の外出が多い曜日を狙ってスタート。依頼者・明菜さんは旦那様の行動を8年分記録し、エクセルで管理していました。どの曜日に帰宅が遅い傾向があるなど、データをまるっと私たちに提供。これはすぐに証拠が押さえられると、調査をスタート。

初日は、二子玉川にある明菜さんご夫妻が住むマンションに朝から張り込み開始。ここは明菜さんがお父様から譲られたもので、結婚以来10年間住んでいるそうです。

朝、あわただしく出てきた旦那様は、背がすらっと高く、足が長くスリムでカッコいい。音楽関連会社らしく、服装もカジュアルでハンチングのような帽子が似合っています。さすが、多くの女性ファンを熱狂させただけあると納得。

まっすぐ都心にある会社に向かい、10時頃から外回りのようで、部下の女の子と一緒にあわただしく移動。常にギリギリのスケジュールで行動しているようで、駅構内を早足で移動する2人を追いかけます。

旦那様の行動は、すべての行先が申告通りでした。明菜さんからよっぽどうるさく言われているのか、行く先々で「今はここにいる」、「これから○○さんと○○に向かう」など、明菜さんにLINEや電話をしている様子。後で明菜さんに伺うと、申告した内容のすべてが本当でした。

明菜さんが心配していた部下の女の子も、旦那様とやや距離を置いているようにも感じられ、上司や先輩として慕っている雰囲気は全くありません。

そんな調査を10日間続けたのですが、毎日仕事しかしていません。旦那様を追い続けるうち、私達探偵は「毎日、真面目に仕事している愛妻家でえらいな……」と感情移入をしてしまい、明菜さんに報告。

「やだ!みっくん(旦那様のこと)、超がんばってるぅ!いいな~この女、ずっとみっくんと一緒で……でもね、絶対に浮気していますよ。10日間の調査で出なかったら、20日間やってください。お金はいくらかかっても構いません!」

深夜のトイレで、妻に電話した内容とは?

1 2