コラム 【浮気事件簿】武士のような妻の「死ぬ前に好きなコト願望」。火鍋デートの後のデザートは?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。石山文博さん(仮名・40歳)は、IT関連企業に勤務する、超~意識高い系の人物です。黒縁デカメガネ、サーモンピンクのパーカに、グレーのニットカーディガンをはおっています。アウトドアブランドのパンツを履き、足元はヴィンテージスニーカー。クラフトペーパー素材のビックサイズのクラッチバックから、リンゴのマークが付いたPCを華麗に取り出し、打ち合わせを開始しました。

「単刀直入に言いますと、妻が浮気しています。いや、そんなことは認めたくないし、言いたくないんですけど、確かにしています」

男性の依頼者様に多いのは、奥様が浮気をしたことを知っても、心の中ではその事実を受け入れず、認めず、さらにはなかったことにする人です。浮気した本人に事実を確認することも、問いただすこともできず、悩み抜いてから最終的に私たちのところにお見えになります。

「結婚10年、子供もいなくて、それなりに仲良くやって来たのに、何が悪かったのかと自分を責めたり悔しかったり。ウチの妻って、ホントに……なんというか特殊な魅力があって、男は絶対にハマっちゃうと思うんですよ。それに、俺は浮気していないのに、妻に先にされると、負けたって気がするじゃないですか。妻の浮気を知った1か月間、ホントに仕事が手につかなかったんです」

文博さんの口ぶりは断定的です。なぜ、奥様の浮気を確信したのでしょうか?

「いや~。なんというか、通販サイトがきっかけなんですよ。今、ウチは何を買うにもネット通販なんですが、その前は百貨店系のカードを使って購入していたんです。妻は俺の家族カードを使ってたんですよね。それで、久しぶりにポイントがどのくらい残っているか確認したら、ほとんど0になっているんですよ」

貯まったポイントは、どこに消えたのか……

1 2