【浮気事件簿】家からお金を盗む夫は、意識高い系。仕事を放棄し、量産型美女と向かう謎の建物~その1~

【浮気事件簿】家からお金を盗む夫は、意識高い系。仕事を放棄し、量産型美女と向かう謎の建物~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、稲田真央さん(仮名・37歳)。もともと大手メーカーでマーケティング職をしていたのですが、2か月前に実家の事業を継ぐために、退職。今はお父様と一緒に、会合に出たり取引先を回るという忙しい日々を過ごしています。マフラー、手袋、バッグはフランスの有名メゾンのもの、一目でカシミアとわかるグレーのニットワンピ、黒のボブに赤リップという、フランス美人を地で行くようなファッションをしていました。

「問題は夫のことなんです。私は仕事が中心の毎日で、結婚してから10年間、夫のことは野放しでした。出会ったのは友達のパーティーで、当時の夫は有名なデザイン事務所に勤務していました。“俺はこのままでは終わらない”とか“もっと自分を突き詰めたい”、“理想は高く持ち、前進し続ける”などと言い、さまざまな資格や語学の勉強をしている彼がまぶしかったんです。私も目標がある人が好きなので、私からアプローチして結婚しました」

両親の大反対を押し切って結婚した真央さんは、マイアミの新婚旅行から帰って来て、夫の化けの皮に気が付いたそうです。

「向上心はあるんですよ。新婚旅行中も公認会計士の勉強をしていましたから。その後も、司法書士、不動産鑑定士、宅建、一級建築士などの資格取得の勉強をしてはすぐやめて他の資格に目標が移っていますけど。出会った頃はデザイン事務所に勤務していましたが、1年後に結婚するときは、司法書士事務所に転職していました。夫は優しいし背が高くてかっこいいので、“思ったのと違う。俺にはふさわしくない”と言われると、私も“はい、そうですか”と受け入れてしまうんですよね。あと、夫は人に甘えるのが上手。だからこのテクニックと魅力があれば世の中を渡っていけると思いました」

渡りだけが上手な夫は、自分を甘やかしまくる傾向が……そこでハマったものとは?

1 2
不倫 アラサー キャリア その1 時短 運勢 アラフォー 占い 恋愛運 美人探偵 結婚 恋愛講座 浮気事件簿 恋愛 婚活 浮気 セカンド 金運 貧困女子 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。