コラム 【浮気事件簿】彼は架空の人物!?嘘に愛される女が見た、消せない肉じゃがのシミ~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します!

浮気がバレた後の恋愛や夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は山中美澄さん(仮名・36歳)。都内の大手広告代理店で契約社員を続けて10年になります。30歳から6年間、真剣に婚活をしており、「この人はいい」と思った男性と婚約まではするのですが、いつも美澄さんから婚約破棄しているそうです。

「だって嘘つき男ばっかりなんですから。1人目は学歴詐称、2人目は妻帯者、3人目は前妻との間に子供が4人おり養育費が月20万円出ていくバツイチ、4人目は職業詐称、5人目は借金発覚……みんな交際しているときは、紳士でカッコいい自分を演出し嘘で経歴を塗り固めているんです。でも婚約が決まると本当の自分をさらけ出す。私は嘘の神様から愛されているのかもしれません。だからいつも嘘ばっかりつかれて……。婚約破棄するたびに、相手を失う悲しさに、この世の終わりかと思うほど落ち込んで苦しむんです」

美澄さんは愛嬌があり、スレンダーなスタイルに胸がグッと大きい女性です。胸元がガッツリ開いたピンクのニットにグレーのタイトなパンツを合わせていて、全体的にセクシーです。白蝶貝素材の高級ペンダントが、肌の白さを際立てています。高嶺の花っぽい雰囲気なのに、パンツには醤油のシミがついていて、ちょっとした隙があります。これは多くのダメ男子たちの大好物だと感じました。

「私は海外のマッチングアプリを使っていたのですが、手軽に出会えるから真剣な結婚には至りにくかったのだと反省し、身の回りから相手を見つけることにしたんです。そこで恋愛関係になったのは、私が住んでいるマンションのリフォーム担当の男性です。今回はこの人の調査をお願いしたいのです。まだ付き合っていると確約はしていないのですが、心身共に愛し合っていると私は確信しています」

ネット恋愛が得意だった美澄さんは、初めてリアルに男性を逆ナンする

1 2