コラム 【浮気事件簿】親の介護を妻に丸投げ!テレビも投げるDV夫は浮気症……12年の横暴に復讐を~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は松本直美さん(仮名・39歳)。都内のシステム会社でSEとして働いています。いかにも理系女子といった雰囲気で、長身にグレーのスーツ、黒レザーのトートバッグ、黒のローヒールパンプス、セミロングを1本に結び、赤いフレームのメガネをしていて、堅実な雰囲気の女性です。

「大手シンクタンクに勤務する夫と結婚して12年、気性が激しい夫と結婚してから毎日がハードで。料理が気に入らないとテーブルを叩いて自室に籠ってしまうし、私が仕事の相談をすると“俺も疲れているんだよ”とドアを蹴ったりするんです。先日は、近所に住む夫の母親の介護を私に押し付けようとしたから、さすがに私もキレました。 “冗談じゃない!私ができるわけがないでしょ!”と怒鳴ったら、テレビを壁に投げつけて壊してしまったんです。まあ、体格も私の方がいいし、腕力も私のほうが強いのでモノで威嚇するしかないのでしょうけれど。ちなみにウチの夫、テレビは過去に4回くらい投げています」

直美さんは身長170cm、体格もよく学生時代はソフトボール部の主将だったそうです。でも、なぜそんな旦那様と結婚しているのでしょうか?

「学生時代から付き合っていることと、他にいい相手もいなかったので。私も夫も恋愛体質じゃないというか、ときめきたいとかキュンキュンしたいという願望があまりないんです。お互いに嫌じゃない相手だから結婚したのだと思います。でも、1か月前から夫が英会話の勉強を始めたあたりから、ソワソワしだしたので怪しいと直感。夫の部屋にあるPCを調べたところ、Facebookメッセンジャーのやりとりを発見しました。そこには、ハートだらけのメッセージや、2人で旅行の計画を立てているラブラブなやりとりが残されていました」

過去に行った旅行は3回。その日程をチェックすると、旦那様が地方出張だと2~3日留守にした日程とカブっていたといいます。行先は沖縄、出雲大社、北海道だったそうです。

「私と旅行なんて結婚12年間一度も行ったことがないくせに、彼女とはホイホイ行っている。あまりに悔しかったのでこのやりとりの画面は、スマホで撮影。夫に詰め寄ったところ、“画像を消せば話してやる”と言われたので、バカ正直にも消してしまったのです。もう私のバカ!バカ!」

悔しさのあまり、目を真っ赤にしながら話す妻が語る相手の女性の正体は?

1 2