コラム 【浮気事件簿】通帳残高激減!占いに依存する高学歴夫、平安顔が女の顔に変わる時~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者様は目黒由貴子さん(仮名・38歳)。通販サイトを運営している経営者で、歌手の野宮真貴さんに似ているクールな美人です。デニム素材のかっちりしたジャケット、白のカプリパンツ、ベージュのニットに、イタリアブランドの赤いカシミアショールをぐるぐる巻きにしており、今までの依頼者様の中でも目を引くおしゃれなコーディネートでした。バッグは有名フランスブランドのものですが、ぱっと見では全くそうだと分からないもの。女性から「カッコいい」と称賛されているオーラと雰囲気をまとっていました。

「同じ年の夫とは結婚5年になります。彼は最高学府を卒業してから、日本を代表するような商社に勤務していました。野球の強豪校出身で文武両道、カリスマ性もありまして、大学時代から20代はかなりの数の女性を泣かせていたようです。しかし、その罰が当たったのかここ数年で髪の毛がさみしくなってきて、その事でかなり悩んでいたようで、うつ病になってしまったのです」

原因は薄毛の治療ではないか、と推測する由貴子さん。

「ホルモン薬を処方されるから、心身のバランスが崩れたのでしょうか……。排水溝にごっそりと絡まっていた髪の毛は減ったものの、突然泣き出したり、キレたりするようになりました。会社では我慢していたらしいのですが、上司に発言を指摘され、同僚に哀れまれ、女性社員に遠ざけられたりされ、閑職に異動。それが屈辱的だったのでしょうね。何の相談もなく会社を辞めてしまって、この1年間は自宅静養の日々です」

プライドが高い旦那様を知っている由貴子さんは、家庭内でも腫れ物に触るようにしていたと言います。

「でも、最近はモノを投げたり、投げ出したりすることもなく、“死にたい”などという発言が減り、落ち着いています。友人たちから仕事に誘われることも増え、ビジネスコンサルタントの仕事を細々と始めていました。夫は勉強し始めると没入し、相手の期待に応えようとする性格なんです。コンサルの仕事を完全に行ないたいと、占いの一種である算命学の勉強なども始めていました。そのあたりから、顔色も良くなり、薄毛の治療もお休みして、元の夫に少しずつ戻ってくれたと安心していました」

浮気に気が付いたのは、フリック入力だった……

1 2