【浮気事件簿】「出産の可能性を返せ!」ママチャリ逃亡夫を追う、シロガネーゼの復讐の行方~その1~

【浮気事件簿】「出産の可能性を返せ!」ママチャリ逃亡夫を追う、シロガネーゼの復讐の行方~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、田中佳恵さん(仮名・34歳)。彼女は東京都港区白金台出身のお嬢様で、紺のワンピース、白のパンプス、ベージュのコート、フランスブランドの高価なバッグというコーディネートでした。セミロングの髪は美しく巻かれており、絵に描いたようなお嬢様ファッションです。

「4歳年上の主人とは3年前に見合いで結婚しました。私もなかなかいい結婚相手に出会えず、ちょっと焦っていたところもあったので、外資系証券会社勤務の主人は条件も良く、向うも乗り気になり結婚したのです。当時、私は商社で一般職をしていたのですが、専業主婦になってもいいというのが良かったんですよね。でも、結婚したら理想の結婚とはかけ離れた内容で……」

結婚するときは、佳恵さんの実家が所有するマンションに住み、生活費を月30万円渡すという話がついていたといいます。しかし不信感を覚えた佳恵さんは、実家の顧問弁護士と相談し、旦那様との間に契約の書面を交わしたと言います。

「そのとき、主人はとても嫌な顔をしたんですよね。私と結婚するのだから、そのくらいの金額は当然だと思います。だって、家賃を払わなくてもいいわけですし、パパやおじいちゃまの幅広い人脈も得られるのですから。主人が書面にサインしたのは、結婚式の前日だったのですが、当日はブスッとした顔をして、ウチの親戚全員からブーイングを受けていたことを覚えています」

その後、ギリシャへの新婚旅行で旦那様の機嫌も直り、結婚生活は好調に滑り出したそうです。

「結婚半年間くらいは、20時には帰宅し、夕飯も食べていたんです。でも元々飲みが大好きで仕事柄付き合いも多いから、じょじょに終電までに帰ってこないことが増えて、この頃は朝まで飲んで帰宅することも多くなりました。私と過ごす時間もまったくなくて、家庭に関わらない様子に嫌気がさし、2か月ほど前にちゃんと話をしようと朝まで起きて待ち構えていたんです」

朝、5時に帰宅する旦那様に、佳恵さんは「どうして家庭をつくろうとしないの?」と何度も詰め寄ったそうです。

「すると主人は、その日を境に“うるさく言われるのが嫌だから、お互いのために今後は土日だけ帰ってくるよ。もう一人で住むマンションを借りているんだ”といきなり週末婚宣言。さらに、“しばらくしたら離婚してほしい”とも言うんです。マンションの場所を聞いても“君には関係ないだろう”と言って教えてくれないし、いったいどうすればいいのかと」

佳恵さんは良妻賢母になるために生きてきたと言います。

1 2
恋愛講座 アラサー 恋愛 不倫 金運 その1 浮気 貧困女子 浮気事件簿 キャリア 婚活 美人探偵 恋愛運 運勢 アプリ 時短 占い アラフォー セカンド 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。