【浮気事件簿】20歳年下専業主婦の黒い顔……糟糠の同棲相手を捨て、若い妻を選んだ男の終着駅~その2~

【浮気事件簿】20歳年下専業主婦の黒い顔……糟糠の同棲相手を捨て、若い妻を選んだ男の終着駅~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。今回は、20歳年下の女性と結婚して1年になるという、小暮雄太さん(仮名・48歳)です。

☆☆☆

雄太さんは離婚も考えて、調査をしてほしいとおっしゃいます。理由は「このまま金を使い続けられたら、俺は破産してしまう」とのことでした。浪費をやめるよう奥様に言っても、「だって欲しいんだもん」の一言で終わってしまったとか。

血がにじむようにして稼いだお金を散在しまくる奥様に、あまりにも腹が立った雄太さん。ある日、100万円近いクレジットカードの明細を見て、奥様に手を上げたそうです。そのときから、奥様の帰宅時間がさらに遅くなってしまったとか。そして今頃になってカミングアウトしましたが、奥様は外泊も繰り返しているとのことでした。ご自身のパートナーの外泊については、探偵であっても外に言えない男性は多いです。

「あいつはバカだから、絶対に変な男と付き合っているに違いない。俺の金がそいつらのデート費用に使われたら本当に叶わない。離婚という選択肢考えつつ、調査をお願いします」と語っていました。

余談ですが、雄太さんと奥様が入籍したあと、雄太さんのライバル的な存在の経営者が「あの子はちょっと手ごわいよ~。見た目にだまされちゃったね。それに俺とオマエはある意味“兄弟”になったから」と鼻で笑われたそうです。そこに含まれているニュアンスを嗅ぎ取り、浮気を確信。私達は会社帰りの奥様を尾行するところから、調査をスタートしました。

恵比寿にあるおしゃれなオフィスビルから、夕方16時に出てきた奥様を追います。依頼者・雄太さんから「ハケンだから15時くらいに仕事は終わるはずです」と聞いていたので、13時から私たちは張り込みをしていました。

奥様は、艶々の黒髪のロングヘア、抜けるように白い肌、細身の体にタイトなワンピースが似合っていました。すれ違う人の視線を集めながら、イタリアブランドのハイヒールの音も高らかに、恵比寿駅まで向かいます。

いつもと異なるテーストの服を着て、マスクをして会いに行った男性の正体は?

1 2
貧困女子 恋愛講座 派遣女子 iPhone 金運 時短 恋愛運 婚活 結婚 占い アプリ 恋愛 不倫 浮気事件簿 セカンド アラフォー 美人探偵 派遣 運勢 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!