コラム 【浮気事件簿】町内会をぶち壊し!泥奥の報復浮気の恐怖……ご近所恋愛と消えるブランド品の行方は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、佐藤秋乃さん(仮名・41歳)とお友達です。女性2名が依頼者としてカウンセリングルームにお見えになるときは、どちらかが“付き添い”としていらっしゃるのですが、今回は両方の女性が依頼者でした。

秋乃さんはハキハキと話すキャリアウーマン。スリムで長身、しなやかな二の腕の筋肉を見せたドット柄のノースリーブシャツが似合います。タイトスカートを合わせた、全身モノトーンファッションです。真っ赤なメガネのフレームの奥に、目力が強い瞳が輝いています。バッグはスペインのブランドの最新作で、パンチが効いていてカッコいい。一方のもう一人の依頼者様は、ほとんど話をせず、秋乃さんの話に合槌をうつ程度でした。相談内容はお二人とも同じ。彼女たちと同じ地域に住むある奥様が、お二人の旦那様、それぞれと浮気をしている様子だというのです。

「私達の住むエリアは高級住宅地なんですが、地元のイベントなどが多く、地域の結束力が強いんですよね。私の夫は飲食店経営者で、妻の私が言うのも変な話ですが、普通にカッコいいんです。腹も据わっているし、仕切りがうまい。だから地域のイベントをすると、赤ちゃんからおばあちゃんまで女性たちがポーっとなっている。餅つき、花見、バーベキュー、海水浴……まあいろいろイベントがあるんですよ。夫にこっそりプレゼントやラブレターを送る程度ならいいんですけど、ある女が夫に近づいてきているんですよね」

旦那様と恋愛関係狙いでちょっかいを出しているのは、女子力が高い35歳のフェミニン系ファッションの女性。代々そのエリアに住む名家に、3年前に嫁いできたと言います。

「どうもバツイチらしく、その家の75歳になる奥様も結婚に反対していたのですが、40歳の独身息子が“結婚させてくれなくちゃ家出する!”と押し切ったようなんですよ。で、その女が引っ越してきてから、いろんなことが起こるようになったんです」

地元イベントのときに、財布から現金がなくなっていたり、ハイブランドのキーホルダーや文房具が消えたり、秋乃さんの化粧ポーチがごっそりなくなったこともあったとか。

「その人が参加すると、いろんなものがなくなるんです。それまで、みんな信頼し合っていたのに、雰囲気が悪くなりましたよね。バッグごとなくなっていた人もいるみたいで、噂ではそのバッグがフリマアプリに出店されていたとか。私の化粧ポーチの中身っぽいものも売りに出されていたけれど、確証はなく……。“泥棒する奥さん”のことをネット上では“泥奥”と言われていると知ったのですが、まさにそんな感じなんですよね」

その女性は、盗んだことがバレても、開き直るタイプだと秋乃さんは続けた……

1 2