【浮気事件簿】マイルド別居3年、甘ったれ起業失敗夫に投げつけるタラコスパゲティー、傷心を癒す幼い女の子は何者?~その1~

【浮気事件簿】マイルド別居3年、甘ったれ起業失敗夫に投げつけるタラコスパゲティー、傷心を癒す幼い女の子は何者?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、医療関連会社に勤務している前澤由美子さん(仮名・40歳)です。真面目そうな紺のスーツ、ロングヘアに真っ白な肌、薄めのメイクが清楚な印象。ヨガで鍛えたスリムなボディーで、実年齢より10歳以上は若く見えます。カウンセリングルームに来たのは、同じ年の旦那様に別の女性の影を発見したからだといいます。

「20年前に大学で知り合い、3年の交際を経て、10年前に結婚した夫は、35歳まで大手IT関連会社勤務のエンジニアでした。結婚5年間は本当に幸せで、ブームになる前のポートランドに旅行したり、葉山のゲストハウスで週末を過ごしたりして楽しく生活していたのです」

しかし、事態が一変したのは、結婚5年目。旦那様が由美子さんに無断で会社を辞めて起業したのです。

「そもそも、会社を辞めたことに対して“ふざけんな!”という怒りを抱えていました。“みんなが幸せになる仕事がしたい”とか意識高いことを言うのはいいけど、そんなことができる人は凄まじい才能と執念がある人か、お金持ちしかいません。貯金も500万円くらいしかないのに、何言ってんだって感じです」

退職に伴い、旦那様が自宅にいる時間も増えたとか。

「夫が家にいると、家が汚れるんですよ。コップを片付けないし、ホコリっぽくなるし。それに私の自由時間も激減しました。私は事務職なので、勤務時間は9~17時です。それまでは習い事に行ったり、友達と遊んだりしていたのに、夫が家にいると帰らなくちゃいけないような気持ちになり、まっすぐ帰宅するようになったんです。すると、スナック菓子や菓子パンの袋が散乱しているんですよ。仕方がないから、私が会社に行っている間の食事の世話をするようになりました。朝の仕事が増えて苦痛でした。ほっておくとジャンクフードばかり食べますし、私が作ったほうが経済的なので」

経済状況は悪化の一途をたどっていきます。

「それまで、夫の年収600万円、私の年収440万円で、わりと裕福に暮らしていたのに、毎月の給料がストップしました。営業が下手な夫は、前にいた会社があっせんする仕事で食べていますが、入金が3か月後とか、半年後とかザラにあります。“1年後には1000万円を超えるから”と言っていましたが、仕事が増えている気配もない。2年目には貯金もなくなり、私に家賃のヘルプが来て、我慢の限界が来てブチ切れちゃったんです」

きっかけは、朝のタラコスパゲティーだったといいます。

「あわただしい朝、タラコスパゲティーを作って出かける時に“今日のお昼は焼きそばがよかったな”と言われた時に、“ブチッ”といい音がしたんですよね。夫にスパゲティーの皿を投げつけて罵詈雑言をぶつけてしまったんです。もうどんな思いで毎日私がご飯を作っているか、全然考えていないんですよね。夫と私との関係は悪化し、夫の行動や発言にいちいちキレるようになり、夫はシェアオフィスを借りるようになりました」

夫は深夜に眠りに帰るだけ。週末も昼間はシェアオフィスで仕事するという夫婦関係が続き、由美子さんは「それでも夫婦関係は良好でした」と振り返ります。

「たまにお弁当を作ってあげたりしていましたし、オフィスに泊まることはありませんでした。一緒に映画や食事、旅行にも行っていますので、“マイルド別居”というか、いい感じだったんです。私も夫が家にいないから、近所の実家で過ごすこともできて、よかったんですよね。あ、ウチの家賃は、無謀な独立で支払い能力がなくなった夫の代わりに、ウチの父が払ってくれています。父も“もうマンションを引き払って、ここに夫婦で住めばいい”と言ってくれました」

見知らぬ街に引っ越していた夫のオフィス、会社移転を陰で操るのは誰?

1 2
アプリ 金運 iPhone 恋愛 時短 その1 婚活 浮気事件簿 占い 浮気 貧困女子 美人探偵 アラサー 結婚 恋愛講座 セカンド 不倫 運勢 恋愛運 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。