【浮気事件簿】鉄人元上司と妻が……タワマン上下格差不倫、コンプレックス夫が密かに準備する復讐の罠~その2~

【浮気事件簿】鉄人元上司と妻が……タワマン上下格差不倫、コンプレックス夫が密かに準備する復讐の罠~その2~

男性もシャンパンを頼み、打ち合わせを始めたようです。互いにシャンパンを3杯ずつ飲み干したところで話し合いが終わり、パソコンをしまおうとする奥様の手を、さりげなく男性が触ります。ラウンジのスタッフにもわからないくらいの、素早さでした。後で動画を確認すると、奥様の手首から指先にかけて、サッと撫でるという感じでした。

その瞬間、奥様の顔がポッと赤くなり、“女の顔”になったことがわかりました。この表情を言葉で説明するのは難しいのですが、体の力が抜けて、目がうるっとして、唇がぷるぷるしてきて、口がかすかに半開きになるのです。この表情をすると“今日は浮気の現場を撮影できる”と思い、私達の気合も入ります。

会計を男性が済ませて、ラウンジを出ます。このホテルはセキュリティーが厳しく、ここで浮気となったら厄介だな……と思っていたら、2人はタクシー乗り場へ。私達も後を追います。新宿方面にある滞在型のラブホテルに入っていきました。軽い酔いもあるのか、ホテルについてからは大胆になっており、部屋を選んでいる間、奥様のお尻を男性がわしづかみしているところも、きちんと押さえました。さらに、後ろから撮影していても明らかにわかるほど、奥様のたわわな胸を触っています。平日の昼間なのにそんなことも気にせず、むしろ後ろにいる私達に見せつけるように、いちゃいちゃしていました。

3時間後に出てきた2人は、タクシーに乗りました。到着したのは、自宅のタワマン。エントランスに入っていったので、この男性は元上司かと思われました。

その後、10日間にわたって行なわれた調査で出てきた男性は3人。1人は依頼者・雅彦さんの上司である40代後半の男性、もう1人は横浜に住む60代の会社オーナーでした。横浜の会社のオーナーは、奥様と死別しており、カジュアルな服装で家に行っては家事の手伝いをしているようでした。3人目も経営者で、買い物の後にラブホテルに行っていましたが、親密な感じはしませんでした。

依頼者・雅彦さんに報告すると「これであの男に復讐ができる」と大喜び。男性に多いのですが、浮気した妻よりも相手の男性に強い恨みを持つようです。「法廷で、大人のケンカをしてやる」と鋭い目で語っていました。

今回の調査費は100万円です。

奥様はシャンパンが大好き。常に飲んでおり、お酒が入ると色っぽくなることを結婚当初から雅彦さんは心配していた。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

賢人のまとめ

タワーマンションなどの大規模マンション内、または近所や趣味のサークル内など、近い人間関係で浮気をする人も増えています。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/

アプリ iPhone 美人探偵 結婚 派遣 浮気事件簿 恋愛 恋愛講座 運勢 不倫 占い 貧困女子 セカンド アラフォー アラサー 時短 金運 恋愛運 婚活 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!