コラム 【浮気事件簿】彼が送り迎えする4歳の女の子は誰の子?安住する“職場カースト”最下位の奉仕内容とは?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は清水凛子さん(仮名・27歳)。結婚を前提に同棲して半年になる彼が、頻繁に実家に帰るようになったといいます。

「お姉さんが離婚して、シングルマザーになり実家に出戻って来たと言って、実家に行くことが増えました。4歳の姪っ子に何かあると呼ばれるんです。“風邪を引いたからクルマを出して”と連絡があり朝や深夜でも実家に帰っていくし、私とのデートも激減しました。あと変わったことは、それまで20時には家に帰って来ていたのに、今では終電になること。あまりにも彼が実家に行くようになったので、二人の時間も減りました。だから“姪っ子ちゃんをウチに遊びに連れておいでよ”と伝えたのに、全然連れてこない。そんなことが続き、浮気を疑うようになりました」

凛子さんは華奢で背が高くおしゃれ。ダメージデニムのショートパンツからすらりと伸びた脚、小さな顔に大きな目、ツヤツヤの黒髪と、ハッと目を引く美人です。仕事は医療事務で、中規模の病院の正規職員として勤務しています。こんなに美しい彼女がいるのに、浮気をいているなんて……。そう思う私を見透かすように、凛子さんは私にスマホの画面を見せてくれました。そこにはアジアの映画スターを思わせるイケメンが白い歯を輝かせて笑っています。

「これが彼です。32歳の公務員で、私の行きつけの飲み屋さんで知り合いました。今回のことで分かったのですが、私、彼のことを全然知らないんですよ。実家の場所も知らないし、出身大学もわからない。共通の友達もいませんし、飲み屋さんに聞いたら“たまたま入って来た一見さん”と言うのみ」

画面の中の彼は90年代に流行ったフランスブランドのロゴがプリントされたTシャツを着て、ペッタンコのボディーバッグを持っている。ぱっと見、かなり意識が高そうです。きりっとした容姿をしていて、体も引き締まっています。彼は凛子さんに「自分は都内の官公庁に勤務している」と言っており、凛子さんと住む品川区内のマンションには、毎朝スーツを着て出て行き、夜には同じ服装で帰って来るそうです。

「彼と同棲を始めたのも、私が“元カレと別れて家が広い”と言ったら“僕と一緒に住もうよ”と言ってウチに引っ越してきたからです。それまで彼はウィークリーマンションに住んでいました。今までダメ男ばかりと付き合ってきたので、彼みたいなしっかりした人と付き合えるのがうれしくて、私のほうから“結婚したい”と言ったのです。すると、“いいよ”と言ってくれて……あらゆる相性が良くて、幸せなんですけれど、彼の実体がつかめないから不安になり、浮気疑惑を機に調べてもらおうと思いまして」

凛子さんは、彼と同棲を始めるにあたり互いの両親と会食したが、謎ばかりが残った……

1 2