【浮気事件簿】「家でも化粧」を求める夫に妻は……?人事異動からの変化、完璧夫婦に忍び寄る崩壊の足音~その1~

【浮気事件簿】「家でも化粧」を求める夫に妻は……?人事異動からの変化、完璧夫婦に忍び寄る崩壊の足音~その1~

「それまでは23時過ぎには家に帰って来ていたのに、異動してからは0時を超えることが増えました。それを指摘すると『忙しいのよ』と言い捨てて、すぐにシャワーを浴びに行く。態度が投げやりで、悲しくなることもありました。でもそれまでとは異なり、家で疲れた様子を見せなくなったんです。以前のように、いつまでもすっぴんでだらけた格好をしなくなったんです。僕は家でも妻とは男と女でありたい。ある程度の緊張感を持っていて欲しいと伝えていたのです」

そんなある日、テーブルに置き忘れた妻のスマホの画面が光るので、つい見てしまったところ、「Takanori」という男性名から一度に5通のメッセージが届いたといいます。

「妻は仕事で頻繁に連絡が入るので、プライベートのメールやメッセンジャーを嫌うんです。LINEも頑なにやっていません。僕だって遠慮しながら送っている。それなのに、この男は5通もメッセージを送っている。いったい何者なんだと思いました」

飲み友達も多い奥様はアネゴ肌だから、この男の相談に乗っているのかもしれないなどと、グルグル考えるうちに眠れなくなってしまったそうです。

「態度がおかしくなったと感じたころから、私と一緒にいることを避けるようになりました。半年前までは、『そろそろ子供が欲しいね』などと私が伝えると『うん、そうだね』と言っていたのに、今では無視。それでもよかったことは、以前のように不機嫌になることは少なくなりました。もし、男性とそういう関係になっているのだったら、今後のことを考えたいと思いましたが、話し合うにもその機会すらない。妻はとても聡明なので、自分に不利な話になると、話題をすぐにすり替えてしまうのです」

宗孝さんは奥様を愛し、尊敬しています。だからこそ、裏切りと向き合いたくない、そんな様子が伝わってきました。

「山村さんも感じたかもしれませんが、おそらく妻は別の男と恋愛関係になっている。その証拠を見るまでは、気持ちもおさまりません。私の気持ちを整理するためにも、妻の浮気の現場が見たいのです」

うめくように言った宗孝さんに応えるために、調査に入ることにしました。

宗孝さん夫妻は、東京タワーが見えるタワマンに住み、都会的でおしゃれな生活を送っている。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

おしゃれな奥様の劇的変身!超ハイブランドの財布を抱えて場末の店を出ていく男は何者か?~その2~に続きます

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/

アラサー 金運 浮気事件簿 アプリ 時短 恋愛講座 恋愛 婚活 恋愛運 不倫 運勢 アラフォー キャリア 結婚 セカンド 占い 美人探偵 その1 貧困女子 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。