コラム 【浮気事件簿】夫は煩悩まみれのイケメン住職!?冷静妻が浮気相手にとった行動は……?~その1~

「僧侶の仕事は忙しく、法事、地域の活動、お寺で主催するイベントなどの準備、檀家さんとのゴルフコンペ、さまざまな御祈祷などがあり、不規則に外出しているので気が付きませんでした。夫は仕事熱心で、書道の練習をしたり、定期的に修行にも行っています。急にお葬式が入る時もあり、世間で思われている以上に、僧侶はブラックな仕事。でもそういうことを楽しんでいる様子で、夫の代になってからお寺も盛り上がっているみたいなんですよ」

写真を見せていただくと、旦那様はスッキリとしたイケメン。イタリアブランドのダウンジャケットと、高級ブランドのロゴマークが入ったニット帽がとてもおしゃれ。身長も180cm以上あるそうです。

「夫には女性の影が常にありましたが、結婚してからは全くそんな気配もありませんでした。5年間、平穏無事に過ごしていたのです。私も結婚を機に勤めていた会社を辞めて、お寺のために頑張って来た。この5年間は何だったんだろうと悔しくてたまりません。夫は外出が多かったのですが、完全に信頼していたので、何も疑いませんでした。こういう気持ちがあるから、夫婦関係は続く。それを自らぶち壊したんですよ、ウチの夫は。これは制裁を加えるしかありません。煩悩まみれじゃないですか。絶対に許さない」

LINEが来た日の前日は、夫が地域の子供たちにスポーツを教える日だそうです。

「もしかしたら、練習に行くふりをして一日中浮気をしたり、午前中だけ子供たちに教えて、午後から浮気をしているのかもしれない。出張や飲み会などと言う嘘をつき、デートをしているかもしれない。こんな醜い気持ちになりたくないのに!証拠をつかんでいただいたら、しっかり制裁してやりたいと思います」

実家がお寺、学生時代から女性にモテていた夫。しかし妻・華絵さんのことを忘れらなかったとプロポーズ。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

調査には複数の女性が!?夫の素顔を知った妻が出した結論とは……~その2~へ続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/